• 巷のビューティー神話にご用心。

日本人の4割が陥る? アラサー女性に聞く「セックスレス」調査|解消法・5STEP

2018.08.15

「そういえば最近してないような…」そう感じている女性は意外と多いよう。日本人の4割が陥るといわれているセックスレス問題。いまやアラサー世代でも悩むひとがいるみたい…なにか解消する手段はない? 患者さんからセックスレスに関する悩み相談を受けることも多いという、人気産婦人科医の宋美玄先生がアドバイス。

日本人の4割以上がセックスレスという驚きの結果

仲が悪いわけではないけれど、仕事が忙しかったり家のことに追われていて、最近していないな…と感じているひともいるのでは?

「日本性科学会」の定義では、セックスレスとは「特別な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上ないこと」とのこと。

また、「第8回男女の生活と意識に関する調査報告書2016年(一般社団法人日本家族計画協会)」によると、セックスレス状態の日本の夫婦は47.2%に上るという驚愕の結果が。

「2ヶ月に突入したけれど…」というあなたは、セックスレスの疑いありかも。

日本人が陥りがちなセックスレス。その原因は…?

「諸外国と比べ日本人がセックスレスに陥りやすい原因には3つあります」と宋先生は話す。

原因その1:日本人が「性」のことに対して消極的
海外と比べると日本人はセックスに対してあまり積極的ではないということ。

原因その2:「川の字で寝る」という日本独特の文化
そして2つ目は住居環境で、川の字で寝る家庭が多いことから子供を出産した後にセックスレスになってしまう夫婦は多い。

原因その3:子どもが成人しても「実家暮らし」
3つ目は子供が成人しても実家暮らしであることが多いこと。海外では大学生になったら一人暮らしをさせる家庭が多いので、夫婦二人きりになるチャンスが多い。

もともと積極的ではないといことも原因のひとつといえるけれど、「日本人特有の文化」や「環境」がセックスレスに大きく影響しているといえそう。

若い世代にまで及ぶセックスレス問題。アラサー女性に聞いてみると…

「セックスレス大国日本」なんて言葉があるほど、日本人の若い世代にまで広がっているセックスレス問題。ほかの国と比べても日本はとくに頻度が少ないといわれているけれど、どうしてなんだろう。セックスレスに悩むアラサーたちの声を聞いてみると…

仲が悪いわけではないのですが、彼が性欲が弱いほうで3ヶ月に1度応じてくれれば良いほう…という感じです。

コメント: 独身女性/27歳

彼も私もお互い仕事が忙しく、夜には疲れ果ててしまっていてそういう気分にはなれません。

コメント: 独身女性/28歳

彼の仕事が激務で、平日はいつも疲れているし、休みの日もずっと寝ているので、1年以上していません。きっかけすらもわからなくなってしまいました。

コメント: 既婚女性/34歳

お互いのライフスタイルや20代・30代と年代によっても、セックスレスの原因は異なるよう。宋先生にも若者のセックスレスについてお話を伺うと意外な回答が。

いまの若い世代は不況を経験し、車を持っていなかったりそもそも欲しいとも思っていないひとが多い印象です。高速道路付近にあるラブホテルに入ろう、カーセックスをしようという発想にはならないですよね。そういった側面も、若い世代のセックスレス原因のひとつといえると思います。

コメント: 宋美玄先生

カップルがセックスレスを解消するための5STEP

次は、セックスレス状態からまた再開することについて考えてみる。空いた期間が多ければ多いほど誘いづらいけど…どのようにきっかけを作ればいい?

その1:相手を尊重し、褒めて伸ばす

無意識のうちにダメだしや文句ばかりいっているなんてことはない? 男性は意外と繊細で、自信がなくなるとセックスへの意欲もなくなってしまうみたい。相手を尊重すること、そして好きなところを褒めて伸ばすことはセックスの活力としても大切。

その2:二人きりの時間を増やす

仕事が忙しいと一緒に過ごす時間が少なくなりがち…。二人きりで過ごすことのできる時間を確保することで、コミュニケーション不足を解消。さらにセックスチャンスを増やすことにもつながる。

その3:パートナーとのスキンシップを増やす

長く一緒にいると「空気みたいな存在」「一緒の空間にいるのが当たり前すぎて異性として見れない」なんて互いに触れることすら減ってしまうもの。すれ違ったらハグ! 朝起きたらキス! など、スキンシップする習慣をつけてみては。

その4:パートナーの「好み」を探る

相手がどのようなセックスを望んでいるか、どのくらいの頻度でセックスしたいと考えているか把握してる? どんなに長く一緒にいても「夜の好み」については共有できていないことも多い。

日本人はセックスについてお互いの考えや要望を伝え合わなさすぎですよね。

セックスするかどうかがその日の雰囲気次第で、夜にお互いに空気を読みつつ「今日はしないのか」と片方ががっかりしているなんてことも。もっとお互いに「最近セックスしていないよね」「次はこうしてほしいな」ときちんと話すことが必要だと思います。

コメント: 宋美玄先生

その5:ラブシーンのある映画を一緒に見る

自分たちのセックス話をするのはハードルが高い…と感じるひとでも、映画の内容について話すのであれば抵抗なくできるかも!

セックスの話をせざるを得ない状況から話しかけてみるのが自然かもしれませんね。

たとえばロマンチックなシーンがある映画を一緒に見て「主人公はあのときどうしてあの行動をとったのかな?」「あなただったらどうする?」なんて会話を徐々に増やして、自分たちの話をする機会を増やしていくのも良いのではないでしょうか。

コメント: 宋美玄先生

まずは環境やコミュニケーションを見直しつつも、お互いに「好み」の話がオープンにできる関係を築くことがセックスレス解消への近道といえそう。

取材協力/産婦人科医 宋美玄先生

Channelバックナンバー

巷のビューティー神話にご用心。

配信日:水曜日(隔週)

巷のビューティー神話に、産婦人科医の宋美玄先生がお答え。

text : 松本果歩

supervised by

産婦人科医 医学博士
宋 美玄

大阪大学医学部医学科卒業後、同大学産婦人科に入局。“カリスマ産婦人科医”として女性の悩み、セックス、性や妊娠などについて女性の立場から積極的な啓蒙活動を行う。
by.Sチャンネル「巷のビューティー神話にご用心。」で水曜日(隔週)配信中!

undefined

Recommend

undefined