• 旬は短し、試せよ乙女

【保存版】旬メイクがまるわかり。大人気ヘアメイク流“テク&推しアイテム”総まとめ

2018.08.16

この時期の風物詩といえば、ベストコスメ。でも、せっかくお宝を見つけたとしても使い方がわからないと宝の持ち腐れに。いま旬のメイクと合わせて読めば、ベストコスメをもっと使いこなせるはず! 

今回は#クボメイクでおなじみの久保雄司さんに、この上半期に使い倒したお気に入りコスメを、今季のメイクトレンドとあわせて教えてもらった。

【ベースメイク編】下地&パウダーファンデに革命が!?

今季はグロッシーなツヤからシルキーなツヤに肌質が変化し、肌自体がイキイキときれいに見える、素肌っぽさを残したベースメイクがトレンドでした。

特に今季を象徴していたのが、下地とパウダーファンデの革命的進化。まず、気になるアラのカバーから透明感出しまで、美肌の条件をまるっと叶える下地が増えたから、ファンデにカバー力を求める必要がなくなりました。
そうなると、いままではカバー&ツヤ出し目的で使っていたファンデが、最後のニュアンスを足す程度のフェイスパウダーのような使い方に変わったんです。

コメント: 久保雄司さん

# ポール & ジョー ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N

出典: ライター撮影

SPF20・PA++ 30ml ¥4,000(税抜)
[お問い合わせ] http://www.paul-joe-beaute.com/jp/

出典: ライター撮影

1本であらゆる美肌条件をかなえてくれるという今季の下地の中でも、久保さんが特によかったというのがこちら。ラベンダーパールが肌のくすみを一掃し、光コントロール効果で小顔見えする立体感とあふれる透明感を同時にゲット。

ちなみにこの下地に合わせたいのは、シルキーなツヤ出しができるパウダーファンデ。下地でつくった自然な美肌にサラッとのせるだけでベースが完成するから時短だし、しかも崩れも防げる。汗をかく季節にもぴったりみたい!

【アイブロウ編】美人顔のキモは“脱・求心バランス”

リップを主役にしたメイクがまだまだトレンドなので、眉の作り方も合わせて変えましょう。唇にポイントを置くと、中央に視線がいきますよね。

そうして求心的になりがちな顔のバランスを、眉で調整するのがおすすめ。眉頭を濃くしたり角をつけたりせず、地眉を生かした自然な眉をつくりましょう。

コメント: 久保雄司さん

少し変えるだけでも、確実に美人度が変わるアイブロウメイク。難しいと思いがちだけど、プロのテクを使えば意外と簡単! 詳しくは下のリンクから記事をチェックして。

# コスメデコルテ コントゥアリング パウダーアイブロウ

出典: ライター撮影

BR301 全2種 各4,500 円(税抜)
[お問い合わせ] https://www.cosmedecorte.com/

今季のアイブロウアイテムの特徴は、まず赤みがなくなったこと。そして驚くべきは、このコスメデコルテのパウダーアイブロウに見られるように、コントゥアリングが眉にまで進出したこと!

計算尽くされたカラーでふんわりしているのにくっきりとした仕上がりで、自然に骨格を強調。本気で骨格美人を叶えてくれるんだって。

出典: ライター撮影

久保さんがアイブロウアイテムを選ぶ上で大切にしているのが、粉がポロポロと落ちてこない、絶妙な硬さであること。こちらのアイテムは粉落ちもなく、ハイライトカラー(画像一番右)まで完備。全体にふんわりのせれば、ほんのりツヤのある眉に。

コントゥアリングという切り口も斬新で、マンネリしがちな眉メイクにときめきをくれる逸品。

【アイシャドウ編】定番ブラウンも肌なじみを重視したい!

今季のアイシャドウは、深めの色よりも明るめで、肌なじみのよいものがトレンドでしたね。カラーシャドウでも肌なじみのよいオレンジやイエローなどが多く、素まぶたを感じるシアーな発色のものが主流。例年出る肌なじみを無視する発色のパステル系とかはあまり出ませんでした。

まぶたでは肌なじみを重視した分、まつ毛でインパクトのあるカラーを取り入れて遊ぶメイクもありましたね。

コメント: 久保雄司さん

# ルナソル マカロングロウアイズ 03

出典: ライター撮影

03 Caramel 全3種 各5,000円(税抜)
[お問い合わせ] https://www.lunasol-net.com/

出典: ライター撮影

各所で話題を博した、こちらのアイシャドウ。特に人気だったのは、ピンクがポイントの「01 Cassis」だけれど、久保さんのイチオシは「03 Caramel」。

使いやすい定番ブラウンだけれど、ふんわり染め上げるような発色で、ひと塗りで洗練された目もとに。ただのマットとはひと味ちがうソフトグロウな質感も、いまっぽさが宿る秘訣。

【チーク編】シルキーなツヤ肌に合う、自然な血色が必須

パウダーファンデで仕上げたシルキーなツヤ肌にも合うから、チークはクリームよりもパウダーがいまの気分です。目もとと唇のつなぎになる肌なじみの良い色だと、全体をバランスよくまとめてくれますよ。チークと感じさせないほど、自然な色味を選ぶのがポイント。

コメント: 久保雄司さん

# コスメデコルテ パウダー ブラッシュ OR200

出典: ライター撮影

全8色 各5,000円(税抜)
*ケース、チークカラー、フェイスブラシがセット
<レフィル> 各3,000円(税抜)
<別売り> コスメデコルテ フェイス ブラシ 600円(税抜)
[お問い合わせ] https://www.cosmedecorte.com/

出典: ライター撮影

気になるほほの毛穴もふんわりぼかして、内側からにじみでるような血色と輝く透明感を与える美肌見えチーク。久保さんが絶賛するOR200は、フレッシュな印象をくれる肌なじみのよいオレンジ。

# SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 09 彩陽炎 -AYAKAGEROU

出典: ライター撮影

全10色 各5,500円(税抜)
[お問い合わせ] https://www.suqqu.com/

出典: ライター撮影

赤みを潜ませたシアーベージュが、自然な血色を演出。ライトブラウンが洗練された雰囲気を与えるSUQQUのチークは、他のパーツを上手に引き立てるスタイリッシュなカラー。

【リップ編】「それどこの?」って聞かれる、特別な色を選びたい

最近は、つけていると「それどこの?」と聞かれるほど目をひく、他にはない新しい色が人気ですね。そういう色って一見とっつきにくそうなんだけど、つけてみると意外となじんで、それだけですごくオシャレに見える。ピンポイントで言うと、ちょっと明るめのベージュ系が気分です。

コメント: 久保雄司さん

# セルヴォーク ディグニファイド リップス 23 シアーサンド

出典: ライター撮影

各3,200円(税抜)
[お問い合わせ] https://celvoke.com/

出典: ライター撮影

「セルヴォークは色の出し方が非常に上手」と久保さんが絶賛する通り、肌に溶け込みセンシュアルな唇をつくってくれるカラーがこちら。

その色味はもちろんのこと、ツヤでもマットでもない、素の唇がうるおったかのようなリアルな質感にも注目。なめらかに伸び広がる付け心地も◎。

メイクはコスメの使い方や組み合わせ次第で、大きく印象が変わるもの。たくさんのコスメの中から選ばれたベストコスメをプロの使い方で取り入れれば、その効果を何倍にも引き上げられそう。

取材協力/SIX代表 久保雄司

Channelバックナンバー

旬は短し、試せよ乙女

配信日:木曜日(毎週)

トレンドのメイクテクや最新アイテムの取り入れ方を指南。

text : 宮田愛子

supervised by

SIX 代表
久保 雄司

雑誌やWEBなどでヘアメイクとして活動し、全国でイベントを行う。2016年に『#クボメイク』(講談社)出版、17年には東京・表参道に美容室【SIX】をOpen!
by.Sチャンネル「旬は短し、試せよ乙女 」で木曜日(毎週)配信中!

Recommend