「日焼け止めからやっと解放!」の落とし穴。秋の“日焼け失敗あるある”がエグい

2018.08.30

気分はそろそろ秋モード。億劫な日焼け止めからも解放されて、軽やかにメイクを楽しみたい!と思うところだけど…秋の紫外線、バカにできません。

え、これも紫外線のせい!? アラサー女の失敗エピソード

epi1. トレンドメイク先取りで、肌が大荒れ…なぜ?

出典: Dmitry_Tsvetkov/Shutterstock.com

私はメイクが唯一の趣味と言っていいくらい大好き。季節ごとにベースから変えるのが当たり前です。今年も「お盆が終わったら秋!」ということで、さっそく欲しいものをピックアップして、秋メイクを揃えました。そしたら…肌は強いはずなのに、急にものすごく荒れてしまい…(泣)。美容皮膚科に行ったら「今は夏のダメージが一気に出る時期だから、急に新しいものを使いすぎないほうがいいよ」と言われちゃいました。つらい。

コメント: 編集部調べ

夏に受けたダメージが、そろそろ肌に現れるころ。ベースメイクを変えるときは、肌にあうかどうか、ひとつひとつしっかり見極めて。

epi2. がんばった4ヶ月の反動で、台無しの“秋焼け”!

出典: Dima Zagravsky/Shutterstock.com

「今年こそ絶対に日焼けしないぞ」と意気込んで、今年は4月から日傘を導入。日焼け止めも早めにSPF50に変えて、サプリも飲んで、もちろん海にも行かず、毎日気を遣いまくりで過ごしました。そしてついに秋!空気が変わって急に涼しくなったのをいいことに、なんか気が抜けてしまって、日傘もやめて…。まさかの9月に入ってから、ヘアサロンで今年初の「焼けた? どっか行ったの?」を言われてしまいました。この4ヶ月の頑張りは一体。

コメント: 編集部調べ

夏にがんばったひとほど、秋になった途端、気を抜きがち。「紫外線対策は一年中」が基本です。

epi3. 秋の旅行で、人生初のシミが出現

出典: g-stockstudio/Shutterstock.com

去年の話ですが、秋頃に人生初めてのシミができました。めちゃくちゃ気をつけたのになぜ!? と思って考えると、シルバーウイークに行った旅行しか考えられない。なぜなら一緒に行った友達が、旅館で「目の周りめっちゃ赤い!日焼けしたかも!」と騒いでいたから。その時は「さすがにもうなくない?」と思ったけど、そういえばやたら肌が乾燥するな〜と思ったんですよね…。これ以上増やさないために必死です。

コメント: 編集部調べ

「なんとなく日焼けしたかも?」が、ばっちりシミになって現れてしまうのがアラサー。後悔しないためにケアしていきたいですね。

by.Sでは「ベースメイク」をテーマにした特集「アラサーを救う ベースメイク最前線」を展開中。日焼けダメージが残りやすいこの時期ならではの、役立つ情報がきっと見つかりますよ。

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend