アップヘアアレンジ|応用くるりんぱで、ロング~ショートボブもこなれる簡単テク

結婚式のおよばれや、ゆかたのとき、通勤時でも髪をアップに結ってみたいけど、かわいくアップにするのって、やっぱりむずかしい…。セルフでも簡単にこってる風のアップヘアアレンジをする方法はないの?

そんなひとたちを救うべく、Instagramのフォロワー25万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんが提案した、初心者・不器用さんでも簡単にできるくるりんぱアップのやり方とコツをご紹介。ロング・ミディアムのひとはもちろん、ボブ・ショートのひとまでできる方法を教えちゃうから、短めヘアさんもぜひ挑戦してみて。

「くるりんぱ」を使ったアップヘアアレンジの基本をマスター!

まずは、くるりんぱを取り入れた基本のアップスタイルからご紹介。基本のアレンジでも十分かわいく仕上がるから、ぜひマスターして。

① 横の髪を後ろに向かってねじって、くるりんぱ。

② 毛先をきつめに三つ編みする。

③ ①に②をくぐらせる。

④ 余った毛先は内側にピンで入れ込み、仕上げにおくれ毛を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!

寝癖のままでもアレンジできるから、忙しい朝にも便利なアップ。くるりんぱをつかって、華やか度もアップさせて。


ジメジメする梅雨までに覚えておきたい♪簡単アップアレンジ

【ロング~ミディアム向け】くるりんぱアップヘアアレンジ5選

清楚でこった印象に仕上がる、ロング~ミディアムさん向きのくるりんぱアップアレンジを5つご紹介。

1:くるりんぱでつくる「海外セレブ風アップ」

【アレンジプロセス】

① ざっくり6対4にわける。
② 6にわけた方をくるりんぱして、毛先を三つ編みに。
③ 4にわけた方をタイトロープして、くるりんぱに入れ込む。
④ ③の毛先を折り込んでピン留め。
⑤ ②の三つ編みもクロスしてピン留め。
⑥ 全体をルーズにほぐせば、完成!

編み込みやフィッシュボーンなどのテクニックがいらないのに、凝って見えるアレンジ。フォーマルなシーンや、結婚式のお呼ばれにも使えるから、ぜひマスターしてみて。

2:くるりんぱ×三つ編みでつくる「シニヨンアップ」

出典 YouTube

【アレンジプロセス】

① 横の髪を後ろでくるりんぱ。
② 毛先を三つ編みして①にくぐらせる。
③ 余った毛先はピンで内側に入れ込む。
④ おくれ毛を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!

コンパクトにまとまる三つ編みアレンジ。おくれ毛でこなれ感を演出して。

3:三つ編みで「カジュアルアップアレンジ」

出典 YouTube

【アレンジプロセス】

① 片方に寄せて結び、こめかみから後ろの髪を取り分ける。逆サイドは、耳から横の髪を取り分ける。
② ①で取り分けた髪を、残りの髪の上でくるりんぱ。
③ 毛先を三つ編みして逆サイドに持っていき、ピンで留める。
④ 全体をラフにほぐせば完成!

おくれ毛と、ほぐしがラフ感のポイント。しっかり結って、大胆にほぐすのを意識して。

4:お呼ばれにピッタリな「上級者向けアップアレンジ」

【アレンジプロセス】

①横と後ろにわけて、後ろの上半分の髪を右に寄せてくるりんぱ。
② 下半分を左に寄せてくるりんぱ。
③ ②の毛先を三つ編みして、逆側でピン留め。
④ 横の髪をタイトロープして、①と②の間で左寄りにゴム留め。
⑤ ④の毛先をタイトロープして、逆側にピン留め。
⑥ おくれ毛を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!


こちらはアレンジの腕に自信のある上級者さん向け。ぶっつけ本番は避けて、できれば事前にリハをした方がベター。自分でやるとすき間が開きやすいから、ヘアアクセがあると便利かも。

5:およばれにピッタリな「大人シニヨンアレンジ」

出典 YouTube

【アレンジプロセス】

① 横と後ろにわけて、後ろの髪をくるりんぱ。
② 横の髪をタイトロープして、①の下にゴム留め。
③ 毛先を三つ編みして、①に入れ込みピン留め。
④ おくれ毛を巻いて、全体をルーズにほぐせば完成!

タイトロープ・くるりんぱ・三つ編みを組み合わせたシニヨンアレンジ。セルフアレンジに慣れてきたらぜひ挑戦してみて。

【ボブ~ショート向け】くるりんぱアップヘアアレンジ4選

短いとむずしいアップアレンジも、くるりんぱを掛け合わせればおしゃれに仕上がる!そんな短めヘアのひと向きのくるりんぱアップアレンジを4つご紹介。

1:海外セレブっぽい「ギブソンタック」

【アレンジプロセス】

① 後ろの髪を1つにまとめてくるりんぱ。
② くるりんぱを左右に分けて、毛先をゴムでまとめる。
③ ②を内側に丸めてロールにし、ピンで固定。
④ 左右の髪をタイトロープして③の上にピンで留める。
⑤ 全体をラフにほぐして完成!

髪に長さがある場合は、③を2回転すると◎。留まりにくい場合は多めにピンを使ってみて。

ミディアムでも出来る『ギブソンタック風アレンジ♪』

2:結婚式のお呼ばれOK「くるりんぱ×三つ編みアレンジ」

【アレンジプロセス】

① 表面を三つ編みし、毛先を残してゴムで留める。
② 後ろの髪を2つに分けて三つ編みし、クロスしてピンで留める。
③ 横の髪を①と②の間にくるりんぱし、毛先をアレンジスティックで入れ込む。三つ編みの編み目に刺して、毛先を通して引き抜く。
④ マジェステをつけて、ルーズにほぐせば完成!

ボブのひとでも簡単にアップスタイルが可能に。髪が多いひとは、ピンを多めに留めて。

3:ドレスにも似合う「ミディアムのアップくるりんぱ」

中途半端の長さの髪でのアップアレンジは、至難の業。だけど、プロ直伝のこの技なら、美容室でセットしてもらったかのような本格的なアップスタイルもセルフで可能に。

【アレンジプロセス】

① おくれ毛を残して横の髪を後ろでくるりんぱし、ルーズにほぐしていく。

② 毛先を真ん中でわけて三つ編みし、クロスして毛先をピンで留める。

おくれ毛を巻いて、全体ルーズにほぐせば完成!三つ編みをすることで、短い髪でもピンが留めやすくなり、アップアレンジが簡単に。

4:ショートでもできるくるくる簡単アップアレンジ

くるりんぱとは雰囲気がまた違う、ボリューミーだけど清楚な印象に仕上がる「逆りんぱ」が登場。くるりんぱに飽きたひとは一度試してみて。

【アレンジプロセス】

① 後ろの真ん中の毛束を取り、上からではなく下から毛先を通してくるりんぱする。これが「逆りんぱ」。くるりんぱができるひとは、簡単にできるはず。

② 横から毛束を拾いながら①までねじって、途中でピン留め。逆も同じく、生え際に添わすように留めていく。両側を留めたら、ルーズにほぐす。

③ 逆りんぱの毛先をピンで入れ込む。
④ 全体をルーズにほぐせば、完成!


ショートでもアップアレンジしたい!『ねじねじアップアレンジ♪』

「短めヘアのくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェック。

お気に入りのヘアアレンジは見つかった?毎日同じ髪型に飽き飽きしていたひとも、美容師直伝テクでマンネリ解消してみて。


取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend