メイクの前に、忘れてることない? 季節の変わり目に変えたいのは、まさかの〇〇だった

PR:株式会社マンダム

自他共に認めるコスメオタクOL、ミオ(27歳)。雑誌やSNSをマメにチェックして、気になったものはすぐに購入。変わり種や新しいアイテムも、積極的に取り入れるのがモットー。

ここ最近、化粧ノリがよくない気がしていたミオは、会社帰りにクチコミで評判のいい新しいファンデーションを買ってきた。

出典: Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com

翌朝、胸を弾ませて新しいファンデを使ってみたものの、期待はずれな仕上がり。
「あれ?思ってたよりノリがよくないかも…」

満足できないミオは、その日も会社帰りに別のファンデを購入。
「これならきっと、きれいに仕上がるはず!」

ファンデを変える前にやるべきこと

ところが、その後も仕上がりには満足できない。いいものを使ってるはずなのに、なんで…? 不安になったミオは、同じコスメ好きの友人・チヒロに相談してみることに。

「それって、ファンデのせいじゃないかもね」
チヒロの答えは、思いもよらないものだった。

「え、どういうこと?」

出典: loreanto/Shutterstock.com

「角質とか毛穴のせいで、ノリが悪くなることもあるじゃん。メイクも楽しいけどさ、まずは自分の肌とちゃんと向き合ってみたら?」

その言葉にハッとするミオ。たしかに、最近はコスメを試すことばかりに気をとられて、じっくり肌を見つめることがなかった。

素肌と向き合うためには、まずしっかり汚れを落とすこと。そう気づいたミオは、あらためてSNSやクチコミサイトをチェック。

「美容オイルで落とす」という言葉に惹かれて、あるクレンジングオイルを選んだ。

家に帰り、オイルをたっぷりと肌になじませる。

プチプラだから贅沢使いできるし、ゆっくりマッサージしていると、肌がやわらかくほぐれていくのを感じる。今までなんとなく洗い流していたけれど、実はクレンジングって肌と向き合えるいい時間なのかも。

出典: TRL/Shutterstock.com

「いい感じなんじゃない?」
鏡のなかの自分の肌をみつめながら、ミオは思う。

「明日、あのファンデもう一度使ってみよう」

素肌と向き合う贅沢なひととき『ビフェスタ クレンジングオイル』

ミオが選んだのは『ビフェスタ クレンジングオイル』。天然由来の美容オイル配合で、メイク汚れや皮脂でゴワつく肌をやわらかくほぐします。さらに、天然由来の植物油(保湿)を配合。なめらかな感触のオイルで、もっちりツヤ肌へ整えます。

角質ケア成分のマンダリンオレンジ果皮エキス(角質柔軟成分)を配合した「ブライトアップ」、毛穴ケア成分のアーティチョークエキス(保湿成分)を配合した「ポアクリア」の2タイプから、自分に合う方を選んでみて。

自分の素肌を、ないがしろにしていませんか? きれいになりたいなら、自分の肌と向き合う時間が必要。メイクをもっと楽しむためにも、日々のケアから見直してみては?

Sponsored by 株式会社マンダム