• 現場のスクショ話

アラサーOL的、通勤服のこダサい/おしゃれの境界線。GU新作を使った大人コーデを✔︎

2018.08.28

通勤服って「オフィスカジュアル…と言っても、仕事しに来てるんだからおしゃれは二の次!!」と、どうもおしゃれ心を忘れて、こダサくなってしまいがち。本来それでよいのかもしれない。でも、ほんの少しの工夫で、いつもより少しだけ素敵に見えたら。

この秋、プチプラ名品の宝庫・GUがまたしても獲れ高◎です。会社的OKながらおしゃれに見えるコーデ術をおさえながら、編集部が気になった新作アイテムをご紹介。

定番シャツワンピには、itな足もとトレンド「スリット入りレギンス」を投入

きちんと見えアイテムの定番・シャツワンピースは、今年っぽい襟のないノーカラーを。そこにトレンド大本命のスリット入りリブレギンスを投入!今期各ブランドからもリリースされているなかで、最安値かも…? 足もとでさりげなくトレンドを取り入れるのが大人。

今秋のトレンドカラー「ブラウン」同系色コーデ

トレンドのジャンパースカート。インナーを無難な白や黒より、同系色のオレンジを持ってくるとグラデになり、すっきりとまとまる。シルエットもタイトでまとめるとほっこりせず◎。

1トーン1カラーで統一して「甘さ」を打ち消し

セットアップではなく上下別アイテムをあえて1カラーで統一し、小物も同色を。写真はトップス、スカート、ピアス、シューズをGRAYで統一。差し色でYELLOWのバッグを。1カラーコーデが上手くいくポイントは色のトーンも外さず揃えること。潔いカラーテクニックを覚えれば、トップスの甘さを打ち消し、ひとくせ効いた大人ファッションに仕上がる。

レース×ストライプ。柄×柄を楽しむ

レーストップスとストライプのテーパードパンツ。どちらも万能にして定番アイテムだけれど、単体使いをするとどうもおしゃれのキレがないTHE普通コーデに。そこでレース×ストライプを同居させてみたら、一気に新鮮見え。柄のドッキングで挑戦するからカラーはベーシックが正解。

特に通勤服は、だれしも「このボトムにはこのトップス!」とじぶんのなかで王道の決め打ちコーデがあると思うけど、ときには変化球を。毎シーズンじぶんらしく更新できるのが、おしゃれな大人。晩夏〜秋、どんなオフィスファッションを楽しむ?

取材協力 GU

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend