くるりんぱできないひとへ。ヘアアレンジのプロが徹底解説!剛毛・猫っ毛・短髪も

2018.08.31

簡単にかわいくヘアアレンジができるくるりんぱ。だけど、何度やってみてもどうしても上手にできないというひともいるんじゃない?

そこで、Instagramのフォロワー25万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんが、くるりんぱヘアアレンジを徹底解説。初心者・不器用さんはもちろん、髪が多い剛毛さん、髪が少ない&猫っ毛さん、ボブ・ショートの短めヘアさんまで、くるりんぱできる裏技をこっそり教えちゃいます。

どうしてもできない!ひとのための「くるりんぱ完全解説」

どうしてもくるりんぱがうまく出来ない…というひとのために、基本のくるりんぱハーフアップを水野さんが完全解説。今までうまく出来なかったひとも、これさえ見れば失敗の理由がわかるはず。

① まずは、根元からきれいに髪をといていく。くるりんぱをしたときの毛羽立ちを抑えることができる。

② くるりんぱをしない、邪魔な髪はクリップで止めておく。他の毛が引っかかると、パサつきの原因になってしまう。

角度を必ず下げてくるりんぱ。毛羽立ちを無くし、真ん中割れしなくなる。

④ 少し斜めから毛先を通していく。真ん中割れを防いでくれる。

⑤ ギュッっとするときは、斜め上にする。平行のときより横に広がりにくく、ゴムを隠しやすくなるのだそう。

⑥ ゴムのすぐ下を真下に向ってほぐし、根元に添わしてもう一回ギュッっとする。こうすることで、ゴムがさらに隠しやすくなる。

ゴム丸見えでなんだか残念…誰でもできる「ゴム隠しの術」

1.巻き付ける方法

細い毛束をとって巻きつける。

軽くほぐして…

裏の目立たないところにピン留めして、完成!

2.アレンジスティックを使った方法

アレンジスティックを途中まで刺す。

毛束を巻き付けて、毛先を輪っかに通して引き抜く。

緩まないように気をつけながら引き抜けば、完成!

アレンジスティックを使えば、このほかにもくるりんぱやシニヨンのときの細かな作業も簡単に。不器用でアレンジができないというひとも、一度アレンジスティックを手に取ってみて。


劇的に可愛くなる❤️ポニーテール『ゴム隠し3つ』

髪が多くてうまくできない…「剛毛さんのくるりんぱ裏技」

多く硬い髪は、ヘアアレンジが困難な印象。そんな剛毛さんも、プロの手にかかればくるりんぱアレンジも可能! 髪が多いひとが上手にくるりんぱをするためのポイントを、5つ伝授してもらった。

ポイント1「ベースにしっとりしたトリートメントを」

まずはボリュームをなくす事が大切。広がった状態でほぐすと頭が大きく見えてしまうので、根元までしっかり洗い流さないトリートメントを揉み込む。

ポイント2「上下に2つに分ける」
全ての髪をくるりんぱすると広がりやすくなってしまう。髪が多いひとは、いくつかに分けてアレンジするのが重要なポイント。

ポイント3「ほぐしは細め」
ほぐしを太くすると頭が大きくみえてしまうので、パサつかない程度の細めにほぐす。コツをつかむまで少し難しいけど、練習あるのみ!

ポイント4「ヘアアクセはボリューム大」
髪が多いひとが選ぶヘアアクセは、小さいものだと、髪のボリュームに負けてしまう。ボリュームがあるものを選んで。

ポイント5「毛先の巻きは表面を強く」
髪をすべて強く巻くと広がってしまい、頭が大きく見えてしまう。表面のみ強く巻いて、全体とのメリハリを付けることが大切。また、角度を上げることで立体感がプラスされるので、ぜひ試してみて。

5つのポイントを押さえれば、すっきりとおしゃれなくるりんぱアレンジが成功!髪が多いひとは、このポイントを意識しながらアレンジしてみて。

ねこっ毛&髪が少なくてできない…「柔毛さんのくるりんぱ裏技」

髪が少ない、猫っ毛でかわいくくるりんぱができない…というひとに試してみて欲しいのが、逆リンパ。くるりんぱの毛先を上に向けて通す技法で、ボリュームアップすることができる。今回は逆りんぱを使ったローポニーテールの方法をご紹介。


【アレンジプロセス】

① 表面の髪を三つ編みして途中でゴムでまとめる。
② ①と一緒に後ろの髪を、下の方で1つにまとめにする。
③ 横の髪を②の上でゴムでまとめて、逆リンパを2回。
④ ②と③を1つにまとめて、ヘアアクセを付ければ完成!

「逆りんぱ」についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェック。

髪が短くてできない…「ショート・ボブさんのくるりんぱ裏技」

ボブヘアのひとは髪の長さがなくて、うまくくるりんぱができない…という現実。そんな短めヘアのひとのために、髪が短くてもできるくるりんぱをご紹介。

1.ハーフアップくるりんぱ

ハーフアップなら、表面の髪だけを使うから、髪が短くてもくるりんぱできる。細かな作業が苦手なひとはアレンジスティックを使ってみて。

【アレンジプロセス】

① 表面の髪をとり、角度を下げてくるりんぱする。
② ルーズにほぐしていく。

③ その横の毛束を取り、後ろに向かってねじり、ほぐしていく。
④ ねじった両端をクロスさせピンで留める。
⑤ 逆も同じく、ねじってピンで留める。

毛先を巻いたら完成!頭皮の弱いひとには玉付きピンがオススメ。髪の多いひとは、玉無しピンの方がしっかりと留めることが出来る。


3分あれば十分♪『ショートヘアの簡単アレンジ☆』

2.逆りんぱを使う

先ほどボリュームアップに適している方法として紹介した逆りんぱだけど、短い髪をアップするのにも最適。逆りんぱを使えば、ショートヘアもアップが可能に。

【アレンジプロセス】

① 後ろの毛束の真ん中に、下からくるりんぱする。これが「逆りんぱ」。くるりんぱができるひとは、簡単にできるはず。

② 横から毛束を拾いながら①までねじって、途中でピンで留める。逆も同じく、生え際に添わすように留めていく。両側を留めたら、ルーズにほぐす。

③ 逆リンパの毛先はピンで入れ込む。
④ 全体をルーズにほぐせば、完成!

くるりんぱとは雰囲気がまた違う、ボリューミーだけど清楚な印象に仕上がる逆りんぱ。くるりんぱに飽きたひとは一度試してみて。


ショートでもアップアレンジしたい!『ねじねじアップアレンジ♪』

「短めヘアのくるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェック。

あなたにもできるくるりんぱは見つかった?毎日同じへ髪型に飽き飽きしていたひとも、美容師直伝テクでくるりんぱをたのしんでみて。

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend