「くるりんぱ」を成功に導く8つのコツ|失敗知らずの美容師直伝"簡単テク"を公開

2018.08.31

簡単におしゃれにみえるくるりんぱヘアアレンジだけど、一歩間違えると残念な印象に…。そんな悲劇を防ぐべく、Instagramのフォロワー25万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんに、くるりんぱが成功する8つのコツを教えてもらった。

初心者・不器用さんもこれを参考に、ぜひセルフくるりんぱをチャレンジしてみて。

あなたは大丈夫?くるりんぱの「失敗例/成功例」

まずはくるりんぱの失敗例と成功例をチェック。成功例はきれいにまとまっているのに対し、失敗例は、残念くるりんぱ3大あるある「ゴム丸見え・真ん中割れ・広がり」が目立つ。成功例のようなきれいなくるりんぱを作るコツを8つ、プロが詳しくご紹介。

くるりんぱのコツ①「丸く分け取る」

ブロッキングライン(境い目)がクッキリとしたくるりんぱは、なんだか残念。きれいにくるりんぱをしたいのなら、丸く分け取るように意識して。

くるりんぱのコツ②「角度を下げる」

かならず角度を下げてくるりんぱをすること。角度が上がると、横に広がりハチが張って見えてしまったり、真ん中割れしやすくなってしまう。セルフでやる場合は、角度が上がってしまいがちだから、注意してくるりんぱして。

くるりんぱのコツ③「髪と同じ色のゴムを選ぶ」

いくらゴム隠しのために髪の毛を巻き付けたとしても、髪色と違い過ぎるゴムをつかうとどうしても目立ってしまう。必ず髪と同じ色、同系色のゴムを使って。

くるりんぱのコツ④「ゴムはきつめに」

必ずきつめにゴム留めを。ナイロンゴムなら5〜6重ぐらいが目安。髪の多いひとは、特にゆるくならないよう注意して。

くるりんぱのコツ⑤「ゴムを上に留めすぎない」

ゴムを上に留め過ぎると、キツキツくるりんぱになってしまう。少し空間ができるくらいでしっかり縛って。

くるりんぱのコツ⑥「穴を最小限にする」

穴を広げ過ぎてしまうと、横に広がりハチが張ってしまう。くるりんぱを通す際は、穴を最小限にして通して。難しい場合は、アレンジスティックを使うと便利。

くるりんぱのコツ⑦「毛先を引っ張る」

くるりんぱをしたら、毛先を引っ張って余分な膨らみを修正して。横の広がりを防止してくれる。

くるりんぱのコツ⑧「間隔をあけてほぐす」

くるりんぱの仕上げ、ほぐしは間隔を開けながら。結び目を押さえながら毛束を引き出すことで、立体的でかわいいくるりんぱに。

「くるりんぱ」についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェック。

くるりんぱを成功させるヒントは掴めた?ほんの少しのコツで劇的にかわいくなるくるりんぱヘアアレンジ、ぜひ挑戦してみて。

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend