• by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜

「お父さんのジャケット感」「お母さんのカーデ感」を拭う、プロ推しアウター“三種の神器”

2018.09.05

冷房の寒さ対策、朝晩の冷え対策…気付けば「私たち、おしゃれな羽織りものに出会えてない」。機能性だけを考えてしまうと野暮ったい重ね着になりがちだし、どんなアイテムを選べばいいの…?

レイヤードしてもおしゃれにキマる「3つの羽織りもの」を、人気スタイリスト亀恭子さんに教えてもらった。

1.定番羽織り"カーディガン"はカラー&素材にこだわって

冷房が効いているオフィスで重宝する、定番アイテムといえばカーディガン。亀さんがキレイめOLにおすすめするのが、ジャケットの代わりになり、きちんと見えが叶うモカネイビーカーディガン。さらに洗える「綿混素材」を選べばデイリー使いにぴったり。

きれいめが好きなひとなら、洗える薄い綿混素材のカーディガンを。色はモカやネイビーならジャケット代わりになり、きちんと見えします。

コメント: 亀恭子さん

カジュアルファッションが好きな方は、カット素材のカーディガンで軽やかに。クルーネック&腰丈でフレンチシックなデザインを選べば、肩の力が抜けたおしゃれな印象に仕上がる。

カジュアル派さんなら、カット素材のカーディガンがおすすめ。私もいざというときに使うアイテムです。薄手のサマーニットよりも保温性が高いけれど暑苦しく見えないので◎。

丈はロングではなく、ジャケットや服とのバランスを考えると「腰ほどの長さ」が使いやすいですね。アニエスベープチバトーにあるような、クルーネックでフレンチシックなデザインがおしゃれ。

コメント: 亀恭子さん

2.デザインスリーブ×羽織りの袖問題は、"ストール"で解決

出典: アソースメレ

ベルギーリネンロングフリンジストール 26,000円(税抜)/アソースメレ

今季もトレンドのビッグスリーブやフリルスリーブは、カーディガンを着ると袖がもたつく…。そんなトップスとおしゃれに合わせるなら、ストールが正解。

リネン系のストールを持っておくのも一つの手。袖問題に困っているひとも、こういったものを1枚持っておくのがいいと思います。バッグの差し色にもなります。

私は、卵色っぽいイエローベージュのストールを今年かなり使っています。

コメント: 亀恭子さん

出典: アソースメレ

写真:2019SSカラー展開

亀さんが愛用しているのは、アソースメレストール。バッグにポンとのせても差し色になる、きれいなカラーがそろう。ストールは質の高いアイテムをチョイスしてコーデを格上げさせるのが、野暮ったく見えないコツ。

3.トレンドの"ダブルジャケット"で秋を先取り

もう少し寒くなる秋本番を見据えるなら、ジャケットで先取りするのもおすすめ。亀さんイチオシのトレンドアイテムが、ダブルジャケット。細いチェックやネイビーのテーラードは、トラッドな気分を高めてくれる。

シングルは持っているひとも多いと思うけど、今年はダブルのジャケットをよく見ます。細いチェックや無地のネイビーのテーラードジャケットが、素敵だと思いました。

コメント: 亀恭子さん

ただしオーバーサイズのジャケットが流行ってはいるものの、大人女子には要注意なアイテムなんだとか。特にオフィスで着るなら、ベーシックなサイズのアイテムの方が断然使いやすい。

個人的には、バランスが難しいので丈は長すぎない方がベター。大きすぎると「お父さんのジャケット感」がでちゃうので、腰骨にかかるほどのベーシックな丈が使いやすいと思います。

コメント: 亀恭子さん

お気に入りの羽織りものさえあれば、変わりやすい天気だってストレスフリー。亀さんに教えてもらったアイテムで、おしゃれな重ね着コーデを楽しんで。

取材協力 Stylist/亀恭子

Channelバックナンバー

by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜

配信日:水曜日(不定期)

働く女性の、クローゼット前の「何着ていこう?」お悩みを解決。

text : あゆみ

supervised by

スタイリスト
亀 恭子

女性ファッション誌『CanCam』からデビュー。半歩先のお洒落を取り入れたリアルクローズを提案する、同世代の女性から圧倒的支持を集める人気スタイリスト。
by.Sチャンネル「by.S Closet 〜働く女のワードローブ〜」で水曜日(不定期)配信中!

undefined

Recommend

undefined