• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

最近ほめられなくなった理由かも。オトナの美人/残念の境界線は「語れる好き」と「小確幸」

2018.09.24

30歳を過ぎると、仕事もプライベートもなにかと変化する世代へ。若いときは美人の判定基準は“外見の美しさ”に尽きたけど、最近そうでもなくなってきたと感じるひとも少なくないはず。

そう、ひととしての内面が問われるのが、ちょうどこの頃。深みのある美しい女性と、浅く見られてしまう残念な女性の違いとは。

熱量を持って語れるコトがありますか?

Instagramを中心にファンが絶えないパーソナルスタイリスト大日方久美子さんの人気の秘密は、外見やファッションセンスだけでなく、奥行きのある言葉から素敵な内面が透けて見えるから。内面美人をめざすための心構え・HOW TOを、聞いた。

喰わず嫌いをやめることです。

実は私、人気アニメのジブリ作品や話題の“シュタゲ(STEINS;GATE)”を大人になって初めて見たんです。これまでアニメってどうも喰わず嫌いで。でも大ヒットする人気作品には、人々を惹きつける理由が何かあるはず、と思い直して見てみることに。作品に込められている社会派メッセージや、心象描写の伏線を回収する構成…感動が思っていたよりも大きくて、すっかりはまっちゃった。

熱量を持って語れることが一つでも増えると、素敵なひとと話せるチャンスにもなる。出会いが広がれば、お仕事もプライベートも充実すると思います。

コメント: 大日方久美子さん

夢中になって語れる「好き」を持つ女性は魅力あるひとに映るもの。語れるものが思い浮かばないひとは、まずは喰わず嫌いをせずトライしてみて。興味がなかったものにも興味を示してみることは、感性を深める上で大事なこと。そんな機会を重ねることが、素敵な女性への近道なのかも。

幸せじゃないと嘆く前に。「幸せと感じる心」を見つけよう

深みのあるひとは、不平不満は口にあまり出さないもの。どんな些細なことも、ポジティブに捉えて、幸せを感じられるようにしたいもの。そんなひとの元には必ず笑顔も溢れているはず!

感銘を受けた言葉がふたつ。

村上春樹さんのエッセイ『村上春樹堂』に出てくる「小確幸(しょうかっこう)
造語で『小さいけれども確かな幸せ』という言葉の略語。

もうひとつは、THE BLUE HEARTSの著書『ドブネズミの詩(うた)』に出てくる甲本ヒロトさんの言葉幸せを手に入れるんじゃない。幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ

小さい幸せでいい、幸せを感じる心を持っていたいものですよね。

コメント: 大日方久美子さん

言葉を常々大切にする大日方さん。そのルーツや信条は、下の記事もチェックしてみて。

内面の美しさは、一日にして成らず。大人たるもの、ほんの少し物事の見方や心の持ち方を変えてみることからはじめてみない?

取材協力 Personal Stylist/大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend