おばさん感倍増!? 自分では見えないけど他人からはよーく見えてる、頭の"あの部分"

2018.10.15

電車のなかや、デスクで仕事をしているとき。自分ではあまり気にならない"頭頂部"は、結構他人に見られています…。そんな分け目がぱっくり割れていると、それだけで垢抜けない、老けた印象に見えてしまうみたい。

Instagramのフォロワー26万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんのもとにも、「トップがペタッとなってしまう」「パカッ分け目が割れてしまう」というお悩みがたくさん寄せられているのだとか。そんな垢抜けないおば見えヘアから脱却する、美容師直伝「分け目ふっくらテクニックを3つ伝授してもらった。

垢抜けない原因第1位!? 結構見られてる…「ぱっくり分け目」

一度乾いてしまったら濡らさないと、ぱっくり分け目は直りません。

コメント: 水野年朗さん

一度乾いてしまったら直すことのできないぱっくり割れ。分け目のセットは、一番癖がつきやすい"半乾き時間"で行うことがベスト。乾いてしまったら、ミストなどで軽く塗らして行って。また、濡れた髪を自然乾燥するのも絶対NG。頭皮や髪へのダメージが起こるのはもちろん、半乾き時間が長くなるから、分け目が割れる原因になってしまうのだとか。

まずは、基本となる分け目ふっくらの下準備方法からご紹介。

【アレンジプロセス】

① ミストタイプの洗い流さないトリートメントを用意。
② ぱっくり分け目にスプレーする。
③ 指の腹でミストをしっかりと馴染ませる。
④ ドライヤーで指の腹で擦りながら、根元を起こすように乾かす。

シャワー後で既に髪が濡れているときは、早めに乾かすことと、分け目と逆方向から乾かすことを意識して。

ぱっくり解決法1:マジックカーラー編

まずは、マジックカラーを使ったぱっくり回避術のご紹介。100円ショップでも手に入るマジックカーラーとドライヤーさえあればできちゃうから、毎朝の習慣にしやすいお手軽な方法なのだとか。

【アレンジプロセス】

① トップの毛束を斜め上に持ち上げる。
② 毛先からマジックカーラーを巻いていく。
③ ドライヤーで温めて、そのまま2~3分置く。
④ 完成!

メイクをしている間、放置しておけば簡単にボリュームアップできちゃうマジックカーラー。技術がなくても簡単にできちゃうから、初心者さんにもおすすめな方法。

ぱっくり解決法2:コテ編

続いてはコテを使ったぱっくり回避術。髪全体を巻くついでにできるから、巻くのが習慣のひとにとっては楽ちんな方法。根元を立たせるために頭皮の近くでコテを使うから、やけどに注意しながら行って。

【アレンジプロセス】

①トップの毛束を斜め上に持ち上げる。
② 根元付近にコテをあてる。
③ 完成!

コテを使う際は、この角度が重要ポイント。コツを覚えたらとっても簡単だから、練習あるのみ。

ぱっくり解決法3:テクニック編

マジックカーラーもコテを温める時間もない!というときは、寝癖スタートでもできる必殺ハーフアップくるりんぱ。簡単に分け目ぱっくりを回避ができるからぜひ試してみて。

【アレンジプロセス】

① ねじった毛束を上に持ち上げ、ピンで留める。
② その下に横の髪をくるりんぱする。
③ 完成!

結び目にヘアアクセサリーをつけてゴムを隠したら、さらにあか抜け。上品なハーフアップアレンジで1日中分け目ぱっくり知らずの髪型に。

このほかにも「美容師が使ってる秘密道具」や「+5歳老けて見える髪型」について知りたいひとは、こちらの記事もチェック。

自分では気づいていないひとも多いけど、結構ひとにみられているぱっくり分け目。美容師直伝テクを使って、おばさん見えしてしまう残念分け目から、いち早く抜け出して!

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend