今日だけは…頑張れない日に! 管理栄養士が選ぶ、ダイエット中のコンビニ食材はこれ

2018.11.13

忙しい平日はとくに自炊するのは難しく、“コンビニ食事”に頼ってしまうことも多いのでは? そんなとき、気になるのはカロリーや成分…。
そこで今回は、-15kgのダイエットに成功した管理栄養士の高杉保美(ほみ)さんに、ダイエット中にコンビニで選ぶべき食材について話を伺った。

「たんぱく質」を積極的に摂ることが基本

ダイエットするうえで欠かせないのが「たんぱく質」。そのたんぱく質が摂れる主な食材は、肉・魚・たまご・大豆製品などがある。
おすすめは、コンビニで買えるダイエット食材の代表格「サラダチキン」。高たんぱく・低脂肪で◎。最近ではサラダチキンの魚バージョン「サラダサーモン」も販売されている。

さらに、高杉さんがデザートやおやつにおすすめするのが高たんぱくな「ヨーグルト」。なかでも「明治THE GREEK YOGURT」は、脂肪ゼロで高たんぱくとダイエット中のひとにもぴったり。

※左上の「上乗せソース5つの果実」は現在販売しておりません。

たんぱく質は1日50g摂れると理想的なのですが、ほとんどのひとが半分も摂れていないのが現実。
このヨーグルト1つで8~10gのたんぱく質を摂ることができるんです。さらに、味のバリエーションが豊富なので毎日食べても飽きません。甘い物が好きなひとがデザートに食べるならこれがおすすめです。

コメント: 高杉保美さん

おにぎりを食べるなら「玄米」か「もち麦入り」を

ダイエット中なら「糖質」はなるべく食べないほうがいいけれど、どうしても炭水化物が食べたいというひとは「玄米」や「もち麦入り」のおにぎりを買うのが賢い選択。
玄米やもち麦は、普通の白米よりも食物繊維やその他の栄養成分が豊富に含まれているため、白米だけのおにぎりよりもダイエット向けと言える。

また、白米に具が入ったおにぎりよりも混ぜご飯のように豆やきのこがたくさん入っているもののほうが、そもそもの白米の摂取量が減るうえ具材の栄養が摂れるので◎。

おにぎりは「糖質」の観点でもダイエット中は控えたい食材ですが、保存のために油もかなり使われているので要注意です。

コメント: 管理栄養士 高杉保美さん

油などの食品添加物の摂り過ぎに注意

外食が太ると言われる大きな原因のひとつに、悪い油が大量に使われていることが挙げられる。

弁当・カップ麺・菓子類などは、おいしく手軽に食べられる代わりに推奨しない油で保存している場合も。油だけでなく、砂糖もたくさん入っているためダイエット中でなくても避けておいたほうがよさそう…。

悪い油がなぜダメなのかというと、
・必要な栄養がカラダに吸収されにくくなる
・老廃物が排出できない
・脳の働きがダウン
という理由が挙げられます。ダイエット目的だけでなく、健康にもよくないですね。

コメント: 管理栄養士 高杉保美さん

コンビニおやつを買うときは…

ダイエット中、おやつを食べないでストレスが溜まるくらいなら、少しくらい食べたほうがよいと思います。

コメント: 管理栄養士 高杉保美さん

そんな高杉さんが選ぶ、コンビニおやつは…

<高カカオチョコレート>
高カカオチョコレートは、チョコレートに含まれるカカオがポイント。カカオポリフェノールによる血管拡張効果や抗酸化作用と、テオブロミンのリラックス効果がダイエットに◎。

<ナッツ>
ナッツは、無塩で何もコーティングされていないものがベスト。アーモンドやくるみといったナッツ類にはビタミンや食物繊維、ミネラルたっぷり。

<ドライフルーツ>
ドライフルーツは、食べるときによく噛むので満腹効果が得やすいのも魅力。もともとの果物が持つビタミンやミネラルもしっかりと摂取できる。ただし、果物に含まれる果糖は糖分なので食べすぎには注意。

チョコレート好きな女性は多いと思いますが、ダイエット中のチョコレート選びも低糖質なものを選ぶとよいです。
具体的には、商品の原材料の一番最初に「カカオマス」と書いてあるものを選ぶことです。原材料は含まれているものが多い順に記載されているため、カカオマスよりも砂糖が最初に来ていたらそれは高カカオチョコレートではないということです。

コメント: 管理栄養士 高杉保美さん

最近では、コンビニの食材も健康やダイエットを意識した商品がたくさん出ているため、上手に活用するのが〇。ポイントとなるのは「たんぱく質」と「低糖質」な食材選び。摂るべきものと避けるべきものをしっかりと押さえて、無理なくダイエット中の食事を楽しんで。

今回のダイエット食事のポイントとなる「たんぱく質」と「低糖質」についてもっと知りたいひとは、高杉保美さん監修の『ホームでパーソナルトレーニング (主婦の友生活シリーズ)』をチェックしてみて。

出典: 主婦の友社

ホームでパーソナルトレーニング (主婦の友生活シリーズ)』主婦の友社(編集)(主婦の友社刊)

取材協力/管理栄養士 高杉保美

text : Yukari Shirai

Recommend