• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

「それどこの?」って聞かれるカラーバッグ。おしゃれなひとの間で話題「Epoi」の魅力

2018.10.29

おしゃれな大人こそ、小物にまでこだわるもの。洋服は上質でシンプルベーシック、小物でカラーや可愛い形を選んで、遊び心をプラスオン。そんなスタイリングにぴったりなバッグブランド「Epoi」がいま話題に。

パーソナルスタイリストの大日方久美子さんも、この秋、愛用しているという。持っていると「それどこの?」って聞かれる率が高いみたい。そんなEpoiの魅力に迫る!

いつものコーディネートにきれいカラーをオン。ほどよく馴染むEpoi

「Epoi」は日本の職人による、made in Japanのバッグブランド。こだわりの国産革とふっくら弾力ある型押しレザーが、上品な佇まい。特に、シンプルゆえに色、フォルムの美しさが目を引く、Epoiの新スタンダード「シキ」シリーズがおすすめ。

出典: ライター撮影

Epoiの「シキ」シリーズに注目!

Epoiの「シキ」シリーズは、発色の美しいカラーが豊富に揃っているのが魅力の一つ。
日本古来の自然から由来する色がラインナップされているとか。自然からインスパイアされた色というだけあって、いつものコーディネートにすんなり自然に馴染むのも納得。主張しすぎず、悪目立ちしない、名脇役になれる上質バッグは是非ワードローブに加えたい。

出典: Epoi

シキ クラッチバッグ 28,000円(税抜)〈縦15.5×横26.5×奥行2.0㎝〉

出典: Epoi

シキ ショルダー 40,000円(税抜)〈縦18.0×横20.5×奥行8.0㎝〉

出典: Epoi

シキ バニティ 50,000円(税抜)〈縦16.5×横19.5×厚さ12.0㎝〉

出典: Epoi

カラーはもちろん、トレンドのころんとしたラウンドフォルムのバッグもなんとも愛らしい。クラッチバッグ、ショルダー、バニティの3タイプは特におすすめ。カラーもあか、やまぶき、こん、うすはなの4色展開と豊富。

バッグの他、お財布、キーケースもあるので、チェックしてみて。

これ見よがしなブランドバッグはあえて持たない。

シンプルなスタイリングの時ほど、小物のおしゃれさが引き立つもの。ハイブランドロゴ全開のこれ見よがしなブランドバッグをあえて持たない、それも大人の余裕の証。

ハイブランドバッグじゃない方がおしゃれなときってあるよね。上品に、主張しすぎないバッグは、飽きないもの。いつものコーディネートに馴染んでくれるところも嬉しいですね。このイエローも愛用中ですが、優しいうすはなの色も気になります。

コメント: 大日方久美子さん

おしゃれな大人女性のシンプルスタイルこそ、上質なカラーバッグが映えるもの。自然に馴染むカラーを加味して、いつものコーディネートを刷新させてみては。

◆イベント情報
Epoi bag and small leather goods promotion「Colors」
会期:10月31日~11月6日(大日方久美子さん 来店イベント11月3日)
場所:伊勢丹新宿本店 本館2F アーバンクローゼット

2018年秋冬新作バッグ6型のほか、定番の財布や名刺入れなど小物も展開予定。

11月3日は大日方さんが店頭に! 1人1人に似合ったアイテムを選んでくれる接客が毎イベント大好評。このチャンスに、ぜひ足を運んでみて。

Epoi room
東京都渋谷区神宮前5-2-7 B1F
TEL:03-6418-6743
営業時間:11:00am〜8:00pm

取材協力/Personal stylist 大日方久美子、Epoi

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend