• もも姐のトレンド判定

いつ買ったかバレる服…実は「ニット」。“トレンドの形”と、プロが推す大人コーデを✔︎

2018.11.12

そろそろ厚手ニットを投入したい時期。「今年はどんなニットを買おうかな?去年のニットもまだ着られるよね?」と思っているひとは、少なくないはず。

ファッションプロはどんな選択をしているの? スタイリストのもも姐こと川村桃子さんに聞く、今年買いな旬デザインのニットとは。

“今年っぽさ”を出すなら、「厚手ニット」で

さまざまなニットが並ぶ秋冬。薄手ニットを買い候補にしているのなら、ちょっと待って。

薄手のニットは毎年デザインが決まっているんですよね。Vネックなのか、クルーネックなのか、リブニットなのか…など、パターンが決まっている。となると、薄手ニットで悩む必要は実はあんまりないんです。

コメント: 川村桃子さん

では、いま“買い”なのは?

厚手ニット、一択でしょう。なんたって厚手ニットはトレンドを反映するアイテム。ケーブル編み、タートル、ゆったりアームホール…などなど、バリエーションが抱負。今年らしさを出すならば、厚手ニットが最適なんです。

コメント: 川村桃子さん

そんな川村さんのいちおし厚手ニットは、コチラ。

出典: BLACK BY MOUSSY提供

川村さんが「すごく綺麗で、展示会で釘付けになった」と言うのは、贅沢な手編みの、ざっくりニットのカーディガン。たっぷりとした袖のボリューム感は、ゆるめがトレンドの今っぽさがつまってる。

もも姐のおすすめコーデは“タートル合わせ”

どんなコーデにも合いそうなざっくりニット。デニムは、細身デニムでめりはりをつけるもよし。マキシワンピにゆるっと羽織りリラックススタイルを楽しむもよし。
肝心のトップスは、プレーンなタートルが今年のおすすめ。

出典: greenK

タートルならば、ざっくりニットと好対照でスタイルにめりはりがつく。プラス、カジュアルスタイルに“上品”をひとさじ、与えてくれる。大人女性ならではな、おすすめコーデ。

今年のお気に入りは、絶対に見つかるはず。今冬の相棒に、早く出会いましょ。

取材協力 スタイリスト/川村桃子 illustration/green K

Channelバックナンバー

もも姐のトレンド判定

配信日:月曜日(隔週)

大人流・トレンドの嗜み方、垢抜けテクをスタイリストが指南。

text : 有山千春

supervised by

スタイリスト
川村 桃子

2005年に独立後、『CanCam』を中心に「えびちゃんOL」「優OL」などメイン企画を担当の人気スタイリスト。現在も人気ファッション誌を中心に活動。
by.Sチャンネル「もも姐のトレンド判定」で月曜日(隔週)配信中!

Recommend