• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

トップスイン、まだしてるの? 最旬「ゆる×ゆる」でもスタイルアップできるプロ技を✔︎

2018.11.07

スタイルアップ定番「ぴたトップス×ゆるボトム」。トップスをインしたぴたゆるコーデ。トレンド観点でいうと、どうやら今年はちょっと変わってきているみたい。

Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんに、最旬の着こなしを聞いた。

今年はトップスインしない。じゃあ、どうする?

ファッションプロいわく、ぴったりトップスをゆるいワイドパンツorロングスカートにインしていたのは昨年まで
今年は、“ずるずる”をよく着ます」と、黒石さんは話す。

以前は、ワイドボトムならトップスはコンパクトに着るなど、メリハリを強調していました。でも今年はトップスもずるずるパンツもずるずる。あえて全身ゆるゆるで、これまでとは違う見せ方をしていますね。

コメント: 黒石奈央子さん

そう、今年は“ルーズ”が、おしゃれなひとの、いちおしコーデ。

ウエストマークさえあれば、ルーズでもスタイルアップ

ただ、全体的に体型が大きく見えてしまいがちなルーズコーデは、スタイルに自信がないと躊躇してしまうかもしれない。そんなときの強い味方がウエストマーク。旬の移り変わりが激しいウエストマークだけに、ここはプロに今年の正解を聞いておきたい。

今年はロックテイストのベルトがほしくなって、ごつめのアイテムを購入しました。シンプルスタイルに一点投入して、ロック要素をプラスするのが、今年の気分ですね。

コメント: 黒石奈央子さん

Ameriでは2019SSでもロック推し。いま購入しておけば、春までずっとヘビロテできそう。
今年おしゃれにキマるスタイルのポイントは、ルーズ、そしてロック。それだけ覚えて、一目置かれる着こなしを目指しましょ。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend