美人ほど怠りがち!? 後ろ姿でブス認定されちゃう…損する「後ろ髪が残念女」を卒業せよ

2018.12.10

前から見たら完璧!…なのに、うしろの髪がうまく巻けていなかったり、ぺったんこ絶壁になってしまっていたり、変な方向にはねていたり。うしろ髪がきまっていない女性って、結構いるよね。

いくら自分で前から見て完璧でも、それはあくまで鏡のなかのあなた。現実は、通勤電車やエレベーターや職場でも、自分では気づきにくい、うしろ髪が他人からよく見られているもの。

そこで、うしろ髪を上手にセットする方法をInstagramのフォロワー27万人超を誇る大人気美容師・水野年朗さんが詳しくレクチャー。うしろ髪を整えて、360度全方位から見ても美しい女性をめざしましょ。

引っ張るだけでOK? まずは「基本のブロー」からスタート

美容室終わりのようなきれいな髪をセルフで実現するのなら、基本のブローが重要。ストレートの場合も巻く場合もブローは必須だから、まずは基本を押さえて。

① 一度乾いた髪は一度水分を補給しないと、元に戻らない。シャワー後出ない場合は、ミストタイプの洗い流さないトリートメントを、分け目と全体に振りかけ、ブラッシングで全体になじませて。

② ドライヤーで髪を乾かしていく。分け目を乾かすときは、指の腹で擦りながら行うと、分け目が割れずにふっくらとする。表面の髪はブラシ、またはくるくるドライヤーを使ってブローする。

ブラシを使ったブローが難しくて出来ない場合は、指で髪を引っ張った状態でドライヤーを当ててもOK‍なのだそう。

ストレートの場合

簡単なように見えて、きれいに揃ったストレートこそ、誤魔化しのきかないヘアスタイル。うしろ髪がうねっていたり、変な方向にはねていては美人度がガクッとさがってしまうから、しっかりコツを押さえて。

① 多くの髪を一気にアイロンしていてはきれいなストレートには仕上がるはずがない…!まずはセクションわけから。後ろは4段、横3段ぐらいにわけて。クセが強いひとはもう少し細かくわけてみて。

② 左手で毛束を真っ直ぐ引っ張りながらアイロンをあてる。引っ張った状態でアイロンをあてないと、きれいにストレートにはならない。

③ 毛先はアイロンの時間を少し短めにしてダメージを最小限に。毛先に削ぎが多く入って髪が少ないひとは、毛先をまとめてアイロンして。温度は160〜180度がベスト。

④ 後ろも同じく。頭の丸みを意識しながらアイロンすると、柔らかいシルエットして。徐々に丸くアイロンするイメージで。
⑤ 仕上げのオイルを揉みこんだら、完成!

ワンカールの場合

上品に見える毛先ワンカール。ストレートアイロンでも簡単にはできるけど、きれいに仕上げたいのなら、やっぱりコテがおすすめ。うしろ髪が縦や横に毛が向いてしまうことのないよう、プロのテクを参考にして。

後ろ3段、横2段にセクション分けをし、毛先を内巻きにしていく。使用したコテは32ミリ180度。
② 徐々に角度を持ち上げて巻く。巻いた直後にすぐほぐすのが、ふんわりになるポイント。

③ 表面は、毛束を細くとり巻いていく。
④ オイルを揉み込んで完成!

外国人風巻きの場合

ふわっとこなれ感ある外国人風巻きは、髪の長さに合ったコテを使うのが肝。細いと毛先の巻きが強くなり、太いと根元からボリュームが出ないため、毛先だけのカールになってしまうのだとか。ショートの場合、24〜26ミリ。ボブ〜ミディアムの場合、26〜32ミリ。セミ〜ロングの場合は、32〜36ミリが目安。温度は160〜180度がおすすめ。

ストレートヘアの方はあらかじめ、ワンカール巻きをしておくと簡単です。

コメント: 水野年朗さん

① 後ろを3段、横を2段に分けて巻く。
巻く方向と逆にねじって、巻いていく。2段目も同じく。

③ 一番上は毛束を細くとり巻きとる。
④ 洗い流さないトリートメントをつけて保湿して、完成!

気を付けるべきはあの部分…

電車のなかや、デスクで仕事をしているとき。自分ではあまり気にならない"頭頂部"は、結構他人に見られているもの。分け目がぱっくり割れていると、それだけで垢抜けない、老けた印象に見えてしまうみたい。

分け目のぱっくりを予防する方法については、こちらの記事もチェックしてみて。

うしろ髪美人の肝は、基本のブローとセクション分け。美容師直伝テクでコツを掴んだら、うしろ姿まで完璧な大人の女性をめざしましょ。

取材協力/TWiGGY 統括ディレクター 水野年朗

text : by.S編集部

supervised by

TWiGGY 統括ディレクター
水野 年朗

TWiGGY取締役統括ディレクター。トレンドのヘアアレンジで多くの女性から支持されている。Instagramフォロワー25万人、Ameba公式トップブロガー。

Recommend