おしゃれな人が「ZARAニット」をまとめ買いする理由。上級者見えする簡単コーデ術も✔︎

2018.11.17

「今年の冬はアウターやトップスは大きめのサイズを選びがち」と話すのは、DIESELプレスの田中久子さん。それもあって、レイヤードに重宝するタイトな着心地のタートルニットをすでに何着かゲットしたみたい。

手持ちアイテムにレイヤードするために買ったのは、「ZARA」のタートルニット二着。ラメが入ったものと白色のリブタイプのものにしました。デザインのバリエーションが豊富ですし、なんといってもお手頃プライスなのが嬉しいですよね!

コメント: 田中久子さん

買いたてほやほやの2品を使った私服コーデを、さっそくチェック!

定番の黒タートルはあえてのラメ入りが上級者

出典: 田中久子さん撮影

ニット ZARA、Tシャツ ヴィンテージ、ジャケット・デニムDIESEL

久子さんが通年着まわしているヴィンテージのTシャツの下に、ラメニットをレイヤード。ラメとの異素材感を楽しむために、ほっこりと冬らしいコーデュロイのジャケットを羽織るのが上級者見せの秘訣。ラメタートルのおかげで、カジュアルなコーデもどこか華やかな印象に。

出典: 田中久子さん撮影

ニット ZARA、シャツ DIESEL、スカート ヴィンテージ

正統派な雰囲気に仕上がるシャツを着る日は、下からちらりとラメニットをのぞかせて。スタンドカラーのシャツを選べば、ネック周りもすっきりと仕上がる。またシャツを腕まくりをすると、ラメがモノトーンスタイルのアクセントとなる上に、手首の華奢さをアピールすることで女らしさがぐっと増す。

辛めコーデ×白タートルでピュアな抜け感を

出典: 田中久子

ニット ZARA、スウェット・デニム DIESEL

クルーネックの白スウェットの下に重ねて、ボトムスにはハイウエストのペインターパンツを合わせた大人のハイカジュアル。一枚で着るとコンサバ感が出がちなリブタイプの白タートルも、レイヤードすれば甘すぎない仕上がりに。

出典: 田中久子さん撮影

ニット ZARA、デニムドレス DIESEL

クリーンな白タートルはデニムと好相性。アイスウォッシュデニムのシャツワンピに重ねると絶妙な甘辛加減! 一枚で着るかトップスの下に重ねることの多いシャツはマンネリに陥りがちだけど、中にタートルを入れるだけで今っぽく仕上がる。

見える部分は小面積といえ、レイヤードするだけで格段に上級者見えするから、薄手のタートルは何枚でも欲しい万能アイテム。いろんなコーデを楽しんでみて。

取材協力/DIESELプレス 田中久子

text : 門上奈央

supervised by

DIESELプレス
田中 久子

DIESEL,DIESEL BLACK GOLDのショップスタイリストを経てプレスに抜擢。販売経験を活かした着まわし方やエッジの効いた女性らしいスタイルを紹介。

Recommend