• 現場のスクショ話

おそとで洒落るには…“コートを裏切る”が正解。形別・今年らしいコーデ術をプロが伝授

2018.11.09

ショーウィンドウを華麗に彩る、冬コーデの主役”アウター”。ワードローブのコレクションを増やし、最旬ファッションを楽しみたいもの。先月、Amazon Fashion Week TOKYOで4度目のショーを披露したブランド「HARE」が、いま手に入れるべき逸品をセレクト。さらにコーデも伝授!

ノーカラーシャギーコート

こちらは、毛足の長いシャギー素材を使用したコート。フェミニンなルーズ感のあるボリューミーな袖。さり気ないアクセントになったリングジップ。袖を通すとクセになる、驚くほど柔らかな着心地。スカートにもパンツにも合わせやすいセミロング丈…など、見逃せないポイントが盛りだくさん。

出典: 編集部撮影

シャープな印象のサロペットスカートに、あえて温かみのあるコートをラフに羽織るのが新鮮(左)。

またシャツ+パンツの定番スタイルにトレンドアイテムを合わせるだけで、スタイリングが格段にいまっぽく進化(右)。

ノーカラーは、どのようなアイテムにも好相性。けれど今年らしさを追求するなら、トップスは襟付きシャツでカッチリ決めるより、ハイネックなどの上からザックリと着こなしたい気分。

シンプルベーシックなチェスター

無駄をそぎ落とした、ミニマルシックなチェスターコート。

軽くて暖かい、上質なウール素材を使用。オンにもオフにも幅広く活躍する、すっきりとスリムなシルエット。トレンドの影響を受けずに長く愛用できる、クラシカルなデザイン。

出典: 編集部撮影

例えば、グレーのチェスターコートなら、ブラックをメインにしたモノトーンスタイルはいかが?
トップをオールグレーでまとめ、デザイン性の高いメッシュスカートを合わせることで、センスを感じさせるきれいなスタイリングに(左)。

また、首もとにトレンドのレオパードをポイント的にのぞかせ、ワイドパンツでボリュームをプラスするとおしゃれ上級者に。アニマル柄に合わせ、ビビッドカラーのアームウォーマーを袖口からチラ見せさせる粋な計らいは真似したい(右)。

細身アウター×スキニーパンツの、ありきたりなスタイルはしばらく見送り。ボトムスは大胆に遊びたい。

ビッグシルエットのカラーダウン

トレンドが続くビッグシルエットに仕立てた、メンズライクなダウンコート。

色は深みのあるオレンジをチョイス。上品な光沢を放つサテン生地に、ダウンを80%たっぷりと詰めた真冬にも頼もしい1枚。首まわりまでしっかりと包みこみ、腰まですっぽり隠れる長さ。

裏地の配色がアクセントになり、ダークカラーが多くなりがちな秋冬スタイルをパッと明るく華やかに。

出典: 編集部撮影

スウェット+デニムパンツに合わせると、スポーティになりすぎるかも。ここは意外性を求め、女性らしいアイテムをコーデするのが正解。

配色を活かしたシンプルなモノトーンのスカートコーデを、カジュアルダウンさせるくらいが心地よい。ヴィンテージ風のマキシスカートとニットのトップスを合わせ、無造作に羽織って颯爽と歩きたい(左)。

また、ガーリーな襟もとのシャツとファー付きシューズをミックスし、ハンサムなパンツスタイルをまろやかに仕上げるのも面白い(右)。

メンズも、ファーやボアが熱い!

「HARE」はメンズアイテムを豊富に展開。“女性が彼に着てもらいたいアイテム”として人気の高いトップスはこちら。

レディースに人気のファーやボア素材を、メンズにも応用。Xmasなどのプレゼントにも選ばれているとか。ゆったりシルエットなので、女性がオーバーサイズのアウターとしてダボッと着ても格別の可愛いさ。

お気に入りの最旬アイテムを探して、自分らしいスタイルで今年の冬を楽しんで!

取材協力 HARE

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : 松本美香

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend