また流行中「ロングブーツ」大人が履くと古臭くなりそう…ZARAで新顔シルエットの名品を発見

2019.01.03

冬の装いに欠かせないのが、ブーツ。特に今年はミドル丈以上のロングブーツに注目が集まっているとか。でも、過去の“ロングブーツ大流行”を経験している大人世代からすると、ちょっと抵抗ある…。

そこで女性ファッション誌のスタイリストで、ファッションコンシェルジュ・ライターの福田美和が、大人でも“ひと昔前”感なく、新顔として楽しめる名品をご紹介。

今季買うなら「細ゆるロング」がイチオシ

今季のファッションは、ロングブーツをぜひ投入してみて! 選びのポイントは、タイトすぎると脚のラインが悪目立ちしてしまうので、ぴったりとしたタイトブーツではなく、あえてゆる細を選ぶのが正解。

旬なホワイトとベージュがあればうまくいく

大人はシューズ選びにとことんこだわりたい。今季の福田一押しアイテムは「ホワイトシューズ」。あえて脱黒を狙い、足もとにホワイトを投入することで、スタイル全体が新鮮に映り、抜けも生まれる。白浮きしてしまう…?と思いきやホワイトシューズはトレンドのカラーボトム合わせでも好相性だから、意外と万能。

その流れを受けてロングブーツもホワイト・キャメルをセレクトするのがおすすめ。

今回セレクトしたZARAのロングブーツはとにかく色味が◎。中でも、ホワイトは鮮やかすぎず、ひと色入った柔和なホワイトなので、カラーボトムと馴染みやすいのも魅力。

ニーハイよりも着まわし力があるのが、ロングブーツ

ニーハイブーツもトレンドシューズのひとつ。面積広く足を覆ってくれる温かさもあり、太ももチラリ、モテブーツとして使えるけれど、着こなしが効くアイテムとしてはロングブーツの方にジャッジが上がるもの。

今年登場シーンの多い、ラインを拾いやすいニット系ボトムやタイトスカートの時、ロングブーツのほうが変に響かず、きれいに着こなせるのがその理由。スッキリ見えは結果スタイルアップ効果に。

今季足もとのおしゃれをバージョンアップさせるなら、ぜひロングブーツを選んでみて。その選びのポイントは、ゆる細&ホワイト・キャメル系が正解。いつもの装いにひとつ投入するだけで、今年らしい雰囲気になるので、トライしてみて。

取材協力/ZARA Japan

text : 福田美和

Recommend