• もも姐のトレンド判定

そのベレー帽は…コッペパン? “流行取り入れミス”をプロが素敵にお焚き上げ

2018.12.31

トレンドだからって、何も考えずにむやみなアイテムの使い方、してない? でもその使い方、ちょっと待った! もも姐ことスタイリストの川村桃子さんが、流行取り入れミスを華麗にお焚き上げ。

ベレー帽 おしゃれのつもりが パン屋さん

出典: green K

頭頂部にポッチのあるベレー帽、正式名称“バスクベレー”。フランスに憧れる女性ならばかぶりたい帽子のひとつではあるけれど、今年、そのポッチが、残念ポイント。

あのポッチは、なしですね。それからカラーも大事。ベージュのベレー帽をかぶっているひとを見ますが、パン屋さんのように見えます。帽子がコッペパンに見えてきちゃう。

コメント: 川村桃子さん

では、正解は?

レザーパイピングのある、通称“ミリタリーベレー”が最旬ベレーです。

コメント: 川村桃子さん

カラーは黒やグレーのダークトーンを選べば、間違いはなし。

スカーフを 巻いたらなぜか ボーイスカウト

出典: green K

首もとにスカーフを巻く際、違和感を覚えることがある。「あれ? わたし、ボーイスカウトかな?」って。それは、気のせい…? 

気のせいではありません。ボーイスカウトにしか見えません。スカーフを首にきゅっと巻く際結び目を見せてしまうと、どうしてもボーイスカウト感が出ちゃうんですよね。

コメント: 川村桃子さん

では、正解は?

クルーネックに結び目をインするメンズをお手本にした巻き方が新しい。”差し入れをプラスして、おしゃれに一手間をかけた”ことを、首もとから演出する感覚が、大人女性にしっくりくるはず。

コメント: 川村桃子さん

ボアアウター 買い間違えて 昭和感

出典: green K

レザーとボアがドッキングしたショート丈アウターがあるけれど、どうしてかしら、昭和スター感というか、口にパイプを咥えたアメリカンパイロットのようというか…。

そう、昔のお父さんが着ているような、おしゃれとは程遠い雰囲気に仕上がるんですよね。このアウターをおしゃれに着こなすには、本当に難しいです。避けた方が無難ですね。

コメント: 川村桃子さん

では、正解は?

全面ボアのロング丈で、レザーパイピングが施されたアイテムなら、誰でもきれいめに羽織れるはず。無理せず、簡単に着こなせます。

コメント: 川村桃子さん

ベレー帽、スカーフ、ボア…トレンドアイテムを、ただ取り入れるだけの人生とは、そろそろお別れをしたい。“正解”を知った上でこそ、トレンドって、より楽しめるものだから。

取材協力 スタイリスト/川村桃子 illustration/green K

Channelバックナンバー

もも姐のトレンド判定

配信日:月曜日(隔週)

大人流・トレンドの嗜み方、垢抜けテクをスタイリストが指南。

text : 有山千春

supervised by

スタイリスト
川村 桃子

2005年に独立後、『CanCam』を中心に「えびちゃんOL」「優OL」などメイン企画を担当の人気スタイリスト。現在も人気ファッション誌を中心に活動。
by.Sチャンネル「もも姐のトレンド判定」で月曜日(隔週)配信中!

Recommend