リラックスさせてから…落とす。究極手技「スクリュータッチ」で彼をノックダウン

2018.12.18

セックスはどちらか一方ががんばるのではなく、愛し合う二人がする共同作業。男性にたっぷりと触ってもらったなら、今度は私の番。
今回は、ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さん直伝の、彼をノックダウンさせちゃう究極の手技「スクリュータッチ」をご紹介。

相手の表情やカラダの反応に応じて、バリエーションを駆使

セックスのとき、男性がリードすることが多いカップルが多い様子。それだけに、「彼への愛撫ってどうしたらいいかわからない」「できれば気持ちよくしてあげたい」なんて女性の声もちらほら。OliviAさんによると、セックスは上手い下手よりも、コミュニケーション能力が大事なのだとか。

セックスや前戯の「上手い下手」というのは、コミュニケーション能力があるかないかだと思うんです。相手の表情や体の反応、雰囲気から読み取ることが重要。テクニックや経験人数というよりも、相手が望んているところに球を打てるかが鍵ですね。

「どうしてあげるのがいいか」を実現するさいに、スキンシップやマッサージのバリエーションが多いのがベター。手数が多いほど要望に応えやすいですよね。さらに、基本的な触りかたができていると「セックスが上手」だと男性に思わせることができます。セックス中だけでなく、日常生活でさりげなく触れるときも含まれます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

その場の空気を読み取る力、つまりコミュニケーション能力はベッド上でも必要というわけ。それを踏まえたうえで、基本的な“触りかた”を押さえておきたい。

基本的に相手をリラックスさせるものと、ゾクゾクさせるものと大きく分けて2種類あります。興奮の入り口はリラックスしていることですから、セックスをするときはまず手のひらを密着させてなでなでしてあげることから始めてください。好意をもっていることを伝えるように優しく触れます。

あえて乳首や男性器といった性感帯ではなく、それ以外の場所を狙ってみましょう。「もっと触って欲しい」と欲求を駆り立てることがポイント。「なでられるだけでも気持ちいなら、アソコを触れられたらもっと…」と彼を妄想させるのです。

ある程度リラックスしてきたら、鳥肌が立つようにゾクゾクさせるような触りかたにシフト。性感マッサージをイメージして、フェザータッチ(ソフトタッチ)を用いてみましょう。ゆっくりとセンシュアルに触れます。男性を興奮させるときに乳首や男性器を集中的に攻める方も多いですが、男性も性器以外にも気持ちいい場所があるので、そこを開発してあげるのもお楽しみのひとつですよ。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

新しい快感「スクリュータッチ」を習得せよ

なんとなくセンシュアルな雰囲気が醸し出されてきたら、少しずつフェザータッチを。そこへ上下の刺激だけではなく、「スクリュータッチ」を加えて。

自分の利き手の親指が下になるように男性器をつつみ、全体を上下にしごきます。ギュッと強く握らず余裕をもってやわらかく。その際にドアノブをひねるように、全体をぐるんと回すのが「スクリュータッチ」。

上下の刺激を味わうことは多いけれど、ひねり刺激を体感したことがあるひとは多くないはず。自分だけではできない触りかたなので、初めての快感を彼に与えられるはずです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

プレイ中に中折れしてしまったり、しっかり勃たないときに焦って男性器を強く刺激するのはNG。そんなときこそリラックスを。こんな場面でもスクリュータッチは役立つはず。

疲れていたり、お酒を飲みすぎたりした場合、セックス中に“中折れ”してしまうこともあるででしょう。そんなときに「萎えてしまった」「どうしよう」「恥ずかしい」「失敗した」と一番焦っているのは男性です。焦れば焦るほど悪循環となり、EDになってしまったという話も珍しくはありません。

そんなときこそもう一度リラックスタイムに戻ってみてください。のんびりお風呂に入ったり、お酒を飲んだり、マッサージをし合ったりするのがいいですよ。がんばって男性器を刺激するというのはやめておきましょう。十分にリラックスしたら、少しずつフェザータッチを加え、スクリュータッチへ進んでいくのもおすすめです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

淡い刺激で夢見ごこち… あの部分への愛撫をプラス

スクリュータッチでいままでにない快感を与えつつ、次に狙うのは「カリ首」と呼ばれる部分。

カリ首とは男性器の「キノコの傘の部分」です。射精とは違った淡い刺激がずっと続く部分で、女性でいうとクリトリスに似ている部分。自分の手で親指と人差し指の先を合わせてOKサインのようにしたら準備完了。

その輪っかでそっとひっかけたり、軽くひねるように触れます。指の付け根の水かき部分を上手に使うのがポイント。スクリュータッチ中にさりげなく薬指で触れるのもおすすめです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

興奮しにくい彼にはこれ

彼の男性器を愛撫するとき、ローションをプラスしてヌルヌル感を楽しませるのも◎。摩擦の温かさでまるで膣内に入れているような感覚へと誘う。

手で男性器を愛撫するときに、ローションを使うのもおすすめです。摩擦熱で温かくなり、ぬるぬるとした膣の中に近い感触になるんです。ただしローションを使うと感度が高くなりすぎて、すぐに射精してしまうこともあるのでご注意を。長くプレイを続けたいときにはペース配分に気をつけてください。

また、濡れにくい女性が彼への愛撫でローションを使うのもいいですね。挿入するときにうるおいたっぷりでスムーズです。膣に入っても大丈夫な「潤滑ゼリー」を使うといいでしょう。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

攻めるときは、男性器や乳首以外の場所から。
髪の毛、首筋、肩、腕、腰、太もも、そして男性器へ… というように、ジワジワと近づいていくのがコツ。迫るときは、いつもとは違う「スクリュータッチ」や「愛撫」を加えて彼をノックダウンさせて。

取材協力:ラブライフアドバイザー・夫婦コミュニケーションアドバイザー OliviA

text : Yoshiko

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。

Recommend