• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

おしゃれな人から「どこの?」って聞かれる、“手持ち服+1”の足し算ファッション

2019.01.02

女たるもの、その日のファッションを「それ、どこの?」って褒められたい! 女ウケの神、Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんに、褒められアイテムを教えてもらった。

WHAT's 女モテ?

“女モテ”とはつまり、

甘くなりすぎないことです。

コメント: 黒石奈央子さん

と、断言する黒石さん。

コーデにかっこよさをプラスし、クールな印象にすること。それが、女モテの秘訣。

リアル褒められコーデ、教えて

黒石さんが実際に女友達や仕事仲間から、「好き」と絶賛の嵐だったのが、コチラのコーデ。

2019SSアイテムのビスチェは、来季最大のヒットになりそうな予感もする、女ウケ抜群アイテムです。

コメント: 黒石奈央子さん

セットアップのようなコーデにニットビスチェをプラスした、上級者のワザが光る着こなし。
ポイントはワントーンコーデに別カラーのビスチェをプラスするか…、

ボトムと同カラーでビスチェをプラスするか。どちらにしても、“ワントーン+1色”という色使いに気をつければ、上級者じゃなくともビスチェをモノにできそう。

また、黒石さんが「これは可愛いですよね」と褒める、Ameriスタッフコーデはコチラ。

ブラウンのボアコートの下にはベルトをオンしたデニムシャツがチラリ。小技の効いたテクニックが光るコーデ、女性は好きなんじゃないでしょうか。

コメント: 黒石奈央子さん

ドレスアップ時、女モテコーデ例

1.ワンピース×ブーツ

パンプスを履いた場合、足もとの肌が見えますよね。するとフェミニンな印象になってしまいがち。女モテしたいなら、ブーツをあわせて露出度を控えた方が大人っぽく着こなすことができます

コメント: 黒石奈央子さん

2.ドレッシーレース×レギンス

もしわたしが年末年始で女子会をするなら、着ていきたいいちおしコーディネート。このアイテムは本来、レースの下にペチコートを付属してスカートとして着るものですが、わたしは女性らしいコーデにしたくなかったので手持ちのレギンスをオンしました。プラス、ロックなベルトでウエストマークして、かっこよさに振りました。

コメント: 黒石奈央子さん

3.ワンピース×カジュアルベルト

付属品のベルトはカジュアルな印象になる素材感。この一点をウエストにプラスするだけで、女性らしいラインのワンピースから、ほんの少し甘さを抜くことができます。

コメント: 黒石奈央子さん

おしゃれするなら、どうせなら女友達からモテたい、褒められたい、羨ましがられたい。それが、おしゃれ向上心を上げる、大切なエッセンスだから。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend