1時間に40個も。今年は好条件の「ふたご座流星群」星降る冬空に、あなたは何を願う…?

2018.12.13

「クリスマスの奇跡」…よりも早く、今夜奇跡が起こるかも。

今夜 2018年12月13日〜14日にかけて、三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」の出現がピークに。さいわいにも明日は金曜日、ロマンティックな冬空をながめながら夜更かしするのもアリじゃない?

流星のピークは14日 午後9時ごろ

2018年のふたご座流星群が、もっとも多く出現するのは12月14日の午後9時ごろ。

13日の夜から見ることができ、13日・14日いずれの夜も午後8時ごろから流星が出現し始め、夜明け前まで続く。

十分に暗い場所で観察すると、多いときで1時間に40個程度の流星が見られるという。

観察のコツは、月あかりを避けること

流星群は、空のいたるところで広範囲にわたって流れているから、じーっと同じ方向を見ていてはだめ。できるかぎり視界が開けたところで、空全体を見渡してみて。

流星群の見やすさには、月あかりが大きく影響するそう。なるべく月に背を向けたり隠すなどして、月光が目に入らないように。目を慣れさせるために、肉眼で15分以上は観察するのがおすすめ。

冬の夜空にきらめく、無数の星たち。願いを心で唱えながら、今夜は素敵な流星が見られますように。

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend