「密着できてスリルもあり」マンネリ彼を悩殺するラブシチュエーションはまさかの…

2019.03.04

慣れたベッドで愛する彼と…♡ というのも悪くないけれど、たまにはドキドキハラハラする体験も必要かも。ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんがおすすめするとっておきのラブシチュエーションはまさかの…。いつもと違う興奮を味わってみては。

車で?駐車場で?階段で?スリル満点、屋外で…

彼の興奮をかきたてるラブシチュエーションとして、「野外」を挙げる男性もいるけれど、女性の立場からするとちょっぴり不安。二人の好みをきちんとすり合わせることが重要みたい。

ハラハラドキドキで興奮するかどうかは個人差があります。男性の方が好むシチュエーションだと思います。女性は外での行為中に「見られたらどうしよう」という不安を感じやすいですね。比較的、車の中だったら見えにくいので、ひと通りの少ない場所だったらいいかなと思います。二人の好みにもよりますけれど。

身の安全を確保しつつ、ハラハラドキドキを試せるのがいいのではないでしょうか。自宅だったら窓を開けてカーテンで室内が見えないようにしてする…というように。

リラックスが興奮につながる人もいれば、「いけないことをしている」という状態に興奮する人もいるので、自分と彼がどちらのタイプなのか、見極めておきましょう。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

身の安全確保は鉄則!そのうえで少しのスパイスを

無理やり危険な場所で行わなくとも、いつもと違う場所というだけで十分に興奮材料になるもの。自宅のベッドではなく、お風呂やソファ、玄関、そしてクローゼットでも。

「ベッドを変えると、マンネリ打破になる」というのはたしかにあります。セックスレスのカップルにもセックスする環境を変えることをアドバイスしています。
出かけようとしたときにいい雰囲気になって、そのまま玄関先で…なんていうのも、普段とは違ったシチュエーションで盛り上がるのではないでしょうか。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

密着できてスリルもありのキャンプ場で…

夏だから…野外?というのはちょっぴりハードルが高い。そこでおすすめしたいのが、キャンプ場。密室かつ狭いテント内ですごせば、自然と体を寄せ合って仲良くなれそう。

夏だったら、断然キャンプをおすすめします! テント内って窮屈で密着しやすいですよね。しかも「夜、テントの外には動物が来るかもしれない」なんてスリルもあり、ドキドキできますよ。

過去にキャンプをしたとき、朝方にシカが近寄ってきたんです。ちょっと怖いですから、二人で身を寄せ合えます。ハラハラドキドキ感を共有するのは、都会ではなかなか体験できないですよ。

ただし、虫除けは必須です(笑)

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

温泉デートでからだを温め、彼を欲情させる

冬にキャンプは寒すぎる。ならば体がポカポカ温まる温泉へGO!一緒に浸かればポッと火照った肌に彼も欲情しちゃうかも。

湯船につかれば親密になれますし。リラックスした方が感度も高まるので、冷えが気になる季節は温泉がおすすめです。

自宅でもセックスの前にお風呂で体を温めるのは有効です。冷えた状態よりも体が温まりリラックスしているほうが、自律神経の関係で、男女ともにHモードに入りやすいんです。お互いの体を洗い合うのは前戯の始まりになりますし、終わった後にのんびりと一緒に湯船に浸かるのもおすすめです。

また、湯上りのすっぴんに近い状態を見せるのも、普段とは違った雰囲気で色っぽく感じる男性は多いみたいですよ。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

「お部屋の中でも、今日は窓辺で…」なんて気軽に試せるものから、スリルまで味わえるキャンプまで。愛しあう二人のラブシチュエーションは無限大♡ OliviAさんおすすめのラブシチュエーションで、いままでにない興奮を味わってみては。

取材協力:ラブライフアドバイザー・夫婦コミュニケーションアドバイザー OliviA

text : Yoshiko

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。

Recommend