リピ買い続出、一時は欠品も。プロが愛用し続ける、恋の媚薬「官能アロマ」って?

2018.12.23

いい香りを嗅ぐだけで、心が安らぎ癒されるもの。
仕事に疲れて帰宅したときも、香りのパワーを借りてリラックスモードへと導く。そうすることで、彼とのラブタイムの質も高まるはず。そう語るのは、ラブライフアドバイザーのOliviAさん。そんなOliviAさんが長年愛用し続けているという「官能アロマ」についてくわしく話を伺った。

香りのパワーでリラックスモードからラブタイムへ

OliviAさんいわく、本能を解放してセックスを楽しむためには、まずは体と心をリラックスさせることが必須。その心強い味方になってくれるのが、催淫効果(さいいんこうか)がある香りなのだとか。

私が香水を選ぶときは「催淫効果がある天然の香料を使っているか」がチェックポイントです。セクシーな気分になれる香りが入っているかを確認します。原材料を見てから、実際にその香りが好きか嫌いか、心地よいかを判断しています。

気に入っている香りはお出かけするときだけでなく、寝るときにもつけますね。仕事モードからお家でのリラックスモードになるのに、香りはとても役立つんです。気分をガラッと変えて、緊張を解いてくれますから。冬だったらアロマ加湿器で湿度も香りも一度に取り入れられるので、ぜひ活用してみてください。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

思わずセクシーな気分になってしまう香りって?

アロマセラピーにくわしいOliviAさんによると、催淫効果があるとされるアロマ(香り)の代表は、ローズ、サンダルウッド、パチュリ、イランイラン、シナモン、ジャスミンなど。それらは天然の香料のものを選ぶのがおすすめ。

チャイに入っているスパイスは食べても催淫効果が期待できると言われています。代表的なのはシナモン。体を温める効果があるようなのですが、身に纏うことでも温かみを発しエキゾチックでムラムラしやすいです。
また、サンダルウッドの別名は白檀(びゃくだん)。寺院でも使われるくらいで、心が落ち着いてリラックスモードになれますよね。

あとは、ローズ。精油だと女性ホルモンのバランスを調整する香りとして有名ですよね。それに、何と言っても香り自体が華やかです。男性は「自分にはない女性ならではの香り」と思うはずです。なお、ローズの香りものは人工香料を使ったものも多いですが、催淫効果を狙うなら、ぜひ天然のものを選んでください。産地や種類でも香りが変わるので、お好みで選んでみてください。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

プロも愛してやまない“官能オイル”はこれ

出典: ライター撮影

イラ ロールオンアロマ インピース 10ml 4,860円(税込)
※化学合成された香料を使用していないため、季節やロットによって香りや見ために変化がある可能性がございます。

株式会社PLUS
https://ila-spa.jp/archives/2730

私が長年愛用しており、使い切っては買い足すのを繰り返しているイギリスのブランド「ila(イラ)」のもので、個人的に“官能オイル”と呼んでいるほどです(笑)。とくに「インピース」という種類のものがおすすめですね。

ジャスミンやサンダルウッド、イランイランなどの催淫効果があるアロマオイルがブレンドされています。人気がありすぎて一時期欠品していたみたいですよ。私の感覚値ですが、この香りにうっとりしない男性はいないくらいウケがいいです。

ロールオンタイプなので中身が出過ぎず、適度につけることができて香りがキツくなりません。つけるひとの体臭と混ざり合って、オリジナルの香りが楽しめるのではないでしょうか。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

ちなみに、同ブランドのオイルタイプもおすすめなのだとか。

出典: 株式会社PLUS

イラ ボディ オイル インピース 100ml 9,720円(税込)

自分のボディケア用にボディオイルも愛用しています。女性性を開花させるイメージを持ちやすいのではないでしょうか。自分のセラピーでも使っていますよ。彼や旦那さんにマッサージしてあげるのもいいのではないでしょうか。男性が「セックスしたい」と思う導火線になるはずです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

「いい香りがする…」と思わせたら勝ち?

官能アロマで落ちない男はいない!? そんな経験を語るOliviAさんが香りについて考えるようになったきっかけは「フィグの香り」なのだとか。

ある男性がフィグ(イチジク)の香水をつけていて、フェミニンでおいしそうで、とても素敵だなと思いました。それから、香りと色っぽさについて考えるようになったんです。男性からだけでなく、女性からも「あのひと、いい香りだよね」と思われることにデメリットはないですよね。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

部屋でアロマを焚くとき、香水を選ぶとき、マッサージオイルを選ぶときに、ぜひ意識してみて。疲れた彼も、官能的な香りに包まれて一気にラブモードになっちゃうかも。
日ごろから催淫効果のあるアロマを愛用していれば、女性らしさも倍増…!?

取材協力:ラブライフアドバイザー・夫婦コミュニケーションアドバイザー OliviA

text : Yoshiko

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。

Recommend