• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

インナー見えないのが理想「肌見せトップス」、冬の正解は?プロの選択を✔︎

2019.01.23

大人の色気を醸し出す、背中が大きく開いたトップスや、トレンドのデコルテや肩がちら見えした変形トップス。色気を味方につけて、クールに着こなしたい。でも冬ってあったかインナーが欠かせないし、ちら見えしちゃうとこダサくなる原因に…。絶妙な美しい露出度で女性も魅了する、Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんは、どんなインナーをチョイスしているの?

背中が大きく開いたトップスの場合

これまでもよく聞かれました。「インナーはどうしているんですか?」と。あまりにもみなさん気にされるので、作ってしまいました。

コメント: 黒石奈央子さん

と、黒石さんが話すのは、AmeriでSSに発売が決定している、カップ付きのニットキャミソール。残念ながらお目見えはまだ先とのこと。では、黒石さんがリアルに愛用中なのは?

カルバンクラインのスポブラです。を持っています。

コメント: 黒石奈央子さん

背中開きトップスの場合、背中からスポブラが見えてしまうけれど、「冬ならば見えても自然だから、大丈夫」とのことだから、安心して。一方、絶対にインナーを見せたくない夏は、「ニップレスが万能」だそう。

デコルテ〜肩がチラ見えする「変形トップス」の場合

2019年春もトレンド継続まちがいない変形トップスは、肩からチラリと見えるインナーの紐に、いつも悩まされる。

基本的には見えないほうがおしゃれですよね。でも、トップスと近い色で、すっきりとしたシンプルなキャミソール紐ならば見えてもOKです。

コメント: 黒石奈央子さん

トップスと同色キャミソールが正解。しかもTHE下着な紐より、すっきりとした下着感のない“線”を意識して。

せっかく色気を推すんだもの。細部にまで気を使うのが、大人のたしなみなのかも。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend