• 心地よく暮らす、ということ。STORYのある女

「さすが」の共通点は“温度があるもの”。センスのいいひとが選ぶ、とっておきの手土産3つ

2019.01.01

目利きのプロといえば、スタイリストの大田由香梨さん。ホームパーティーを主催する機会もお呼ばれする機会も多そうな彼女、手土産を用意するときにどんなことを大事にするんだろう。

きっとホームパーティーとなると、ホストの方が色々とおもてなししようと考えてくれてると思うんです。だからそこも考えると、あると少し場が盛り上がるような、ちょっとしたものがきっといい。

あとはちょっと「呼んでくれてありがとう」という気持ちが伝わる“温度のあるもの”がいいかなと思います♡

コメント: 大田由香梨さん

感度の高いひとの間で流行中、ナチュラルワイン

お呼ばれの場では、ありすぎて困ることがないのがお酒。大田さんの周りで最近流行っているのが、クラフト感を楽しめるナチュラルワイン。国内の小規模なワイナリーで造られるため、誰も飲んだことがない個性豊かな味わいで、みんなで持ち寄って色々と飲み比べするのも最高に楽しい!

デパートなどでも手に入るところは増えてきているから、入手しやすいのもポイント。大田さんのお気に入りは神宮前にある「ボトルトーキョー」。一本一本にあるストーリーをスタッフさんに教えてもらいながら「これぞ」というものをセレクトしましょ。

おつまみにぴったりな自家製メープルナッツ

メインディッシュはホストが腕をふるってくれたものを堪能する。となると、「あると嬉しい」のがお酒片手にカジュアルにつまめるもの。大田さんがよく手土産に作るのが、甘じょっぱい味わいがやみつきになるメープルナッツ!

「オーブンさえあればOKで簡単に作れます」と大田さんがレシピを教えてくれた。メープルナッツ・てんさい糖・塩をぐるぐるとかき混ぜた特製シロップに、ミックスナッツをざっくりと絡めたら、クッキングシートに乗せて高温にしたオーブントースターでカリッとするまで焼くだけ。てんさい糖などの砂糖は少なめ、塩をしっかり効かせるのが大田さん流。

あると嬉しいものといえば、1〜2輪のかわいい花

場の雰囲気をぐっと盛り上げるのが生花。たった1〜2輪でもコップに挿すだけでダイニングテーブルが華やぐ上に、写真映えもするから、やっぱり忘れず飾りたいもの。大田さんがよく選ぶのは、ビビットな色みの存在感のあるお花。冬ならダリアやバラがかわいい。

喜ばせ上手は気配り上手。お呼ばれしたときに、ぜひ参考にしてみて!

Stylist/Lifestylist/大田由香梨

Channelバックナンバー

心地よく暮らす、ということ。STORYのある女

配信日:火曜日(不定期)

積み重ねて生きていきたい女性のための、衣・食・住 ストーリーの描きかた

text : 門上奈央

supervised by

スタイリスト/ライフスタイリスト
大田 由香梨

ファッション誌のスタイリストとしてキャリアをスタート。のちにその経験をベースに、衣食住の全てをスタイリングする”ライフスタイリスト”として活動。
by.Sチャンネル「心地よく暮らす、ということ。STORYのある女」で火曜日(不定期)配信中!

Recommend