• 運命を変える眉メイクlesson

ひぇっ、1度も洗ってないの…? 月1洗わなきゃヤバイ「汚ブラシ」が顔面に及ぼす恐怖

2018.12.31

アイブロウパウダーをのせるときに使用する眉メイクブラシや、ぼかすときに使うスクリューブラシ。「買ってから一度も洗っていない…」なんてひとも多いのでは? メイクブラシを洗わずに使い続けると、お肌やメイクの仕上がりにも影響を及ぼすことも…。

そこで今回は美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに、"汚ブラシ"を使い続けることで生じるデメリットと、正しい洗い方をレクチャーしてもらった。お部屋だけでなくメイク道具も一緒に大掃除を済ませて、スッキリした気持ちで新年を迎えましょ。

"汚ブラシ"を使うと生じる、2つのデメリット

眉ブラシはつい洗わずに使い続けてしまいがちだけど、洗わずにずっと使い続けることで以下のようなデメリットが生じることもあるのだそう。

# デメリットその1
ブラシに余分なパウダーや皮脂、ホコリがこびりつき、眉メイクがムラになりやすくなる
# デメリットその2
ブラシに菌が繁殖しやすくなり、使い続けると眉ニキビの原因になることも

汚れていないように見えても、結構汚れているメイクブラシ。ひと月に一度は洗うよう心がけたいところ。

実は簡単だった、眉メイクブラシの洗い方

天然獣毛はデリケートなため、専用クリーナーを使用するなどお手入れも慎重に行う必要があるけど、市販の眉パウダーの付属ブラシや人口毛のブラシであれば、洗顔石鹸で簡単に洗うことができるのだそう。

洗顔石鹸はできるだけ無添加のものを使用するのがおすすめです。

コメント: 玉村麻衣子さん

① ブラシと石けんを水で濡らし、ブラシで石鹸の表面をなでるように泡立てる。

② 指でブラシを優しく揉み洗いし、ぬるぬる感がなくなるまで水洗いする。

③ タオルで軽く挟み、水気を拭き取る。

④ タオルの上に置いて乾かす。

乾いたときにバサバサにならないよう、必ず毛並みを整えてから乾かすようにして。

ブラシの先が出るように置くと、早く乾くのでおすすめです。

コメント: 玉村麻衣子さん

つづいては、スクリューブラシ。

① ブラシに絡まっている汚れやほこりを、ティッシュで軽く取り去る。

② 濡らした手に石鹸をなじませ、スクリューブラシをやさしく揉み洗いする。その後は眉ブラシと同様、タオルでふき取り乾かすだけ。

「もっと簡単にケアしたい」というひとには、スプレータイプのクリーナーもおすすめ。なかでも玉村さんおすすめなのは、イプサのメイクブラシクリーナーだそう。

イプサのメイクブラシクリーナーは、スプレーしてティッシュで汚れをふき取るだけというお手軽さ!速乾性に優れていて、使用後すぐに眉メイクすることも可能です。

コメント: 玉村麻衣子さん

玉村さんはこのメイクブラシクリーナーを使って、3日に一度のペースでブラシ表面をササッときれいにしているのだそう。

ただし、ブラシ内に入り込んだガンコな汚れはこれだけでは落としきれないので、やはり1ヶ月に一度は洗顔石鹸や専用クリーナーでお手入れするのが理想です。

コメント: 玉村麻衣子さん

意外と簡単に洗えちゃうことが判明したメイクブラシ。あなたも毎日お世話になったメイクブラシたちの汚れをすっきり掃除して、新しい年を迎えてみては?

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend