もう“アフターケア”じゃ無理。先輩たちが30超えて「予防」に目覚めた3つのこと

2019.01.22

「多少無理しても、後からケアすれば大丈夫!」が通用したのは、残念ながら20代までかも…。30代を迎えた先輩女性たちのリアルな声を参考に、未来のための「予防」をはじめてみて。

先輩たちが30超えて「予防」に目覚めた3つのこと

1. 老け見えにも繋がるかも!? 冷え予防の“温活”

出典: Syda Productions/Shutterstock.com

できれば少しでも若く見られたいのが女心。「最近老けたかも!?」と思うひとは、実は冷えが原因かもしれませんよ。

今年の冬から本格的に冷え性対策をはじめました! 氷が入った飲み物は禁止&五本指ソックスを重ねばきで履いてます。もともと冷え性で寒がりなんですが、30歳過ぎたら寒いっていうだけじゃなく、顔色が悪くて心配されたり、クマが目立ったり…と見た目にも影響してきたような気がして。

コメント: 事務職/32歳

2. いよいよ他人事ではない…。歯周病予防の “デンタルケア”

出典: bbernard/Shutterstock.com

なんと、「30代の約8割が歯周病」という恐ろしいデータがあることをご存知? 美容だけでなく、健康面でもいろいろ気を使いたいお年頃ですよね。

20代のころはとにかく白くすること第一優先で、歯のホワイトニングに通ってました。でも「30代のほとんどか歯周病らしいよ」と姉に脅されて(笑)最近は、歯間ブラシを使って丁寧に汚れを落とすことを意識してます。

コメント: デザイナー/30歳

3. 冬も絶対侮れない。日焼け予防の“UV対策”

出典: JL-Pfeifer/Shutterstock.com

なんといっても気を抜けないのが、UV対策。「一度焼けると元に戻りにくくなった」なんて恐ろしい声も…。

ふつうかもしれないけど日焼けにはやっぱり気をつけています。若いときはなんだかんだで「冬だからいいか」とか「ちょっとそこまでだからいいか」とか油断していたけど、もうそれじゃヤバい! 夏に沖縄に行ったときの水着の跡がいまだに消えないので、もっと気をつければよかったとめちゃくちゃ後悔しています。

コメント: 営業職/31歳

いかがですか? 今日からはじめられる予防ばかりなので、さっそく取り入れたいですよね。

さらにby.Sでは、特集「スキンケア、それで足りてる?」を展開中。こちらも合わせてチェックして。

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend