女性同士だからこそ、容赦なし。 ぱっと見で「きれいだな」と思うのはどんなひと?

PR:資生堂薬品株式会社

新しい出会いが増える季節。せっかくなら、いい第一印象を与えたいですよね。女性同士だからこそ感じる、「きれいだな」と思うひとの特徴って?

ぱっと見で「きれいだな」と思うのはこんなひと

by.S編集部では、働くアラサー女性にアンケートを実施。女性の第一印象についての本音を聞いてみました。

Q. はじめて会う女性。特に、どこに目が行く?(※複数回答可)

出典: Roman Kosolapov/Shutterstock.com

肌 58.2%
顔立ち 50.0%
髪 38.5%
体型 35.2%
服装・メイク 33.5%

多くのひとが「目が行く」と答えたのは、ずばり“肌”。その注目度は、顔立ちそのものよりも高いようです。

Q. “肌がきれいな女性”にどんな印象を持つ?

出典: Undrey/Shutterstock.com

肌がうるおってるとメイクも映えるし、清潔感がありますよね。仕事ができそうに見える気がする。(30歳/事務職)

コメント: 編集部調べ

見た目がきれいなだけじゃなくて私生活がちゃんとしてそう。私みたいに、うっかりメイク落とさずに寝ちゃったりしないんだろうなって思う(笑)。(28歳/営業職)

コメント: 編集部調べ

どうやら肌がきれいだと、表面的な美しさ以上の好印象を残せるみたい。逆に“肌がイマイチ”であることが、マイナスイメージに繋がってしまうといえそうです。

働く女性の必携アイテム。春こそ“イハダのバーム”を使いたい理由

寒暖差や紫外線などの影響で、肌が敏感になりやすく、乾燥や肌あれが気になる季節の変わり目。毎年肌トラブルを繰り返してしまう…というひとも多いのでは?

そんなあなたには、「保湿」中心のスキンケアだけではなく、肌をしっかり「保護」してくれるアイテムが必要。

出典: イハダ提供

たとえば、これから初対面のひとと会うのに、ふと鏡をみるとカサついてる…。そんなとき頼りになるのが、イハダの『薬用バーム』(医薬部外品)

『薬用バーム』(医薬部外品)は、不純物を限りなく取り除いたグレードの高い「高精製ワセリン」(肌うるおいバリア保護成分)と、肌あれを防ぐ有効成分を配合。スキンケアの最後に使うことで、うるおい保護膜を形成し、乾燥などの外的刺激から肌を守る力がアップ。水分を逃がさず、肌のうるおい環境をキープしてくれます。

出典: Jinna Sardsongvit/Shutterstock.com

「暖かくなってきたし、バームってなんだかベタベタしそう…」なんて心配はご無用。新感触のベタつきにくいバームが、ひと肌でとろけて、少量でもなめらかに広がりピタッと密着。さらっとしたソフトな使い心地で、汗ばむ季節でも◎。

メイクの上からでも使えるので、会社に持っていくポーチのなかに入れておけば、仕事中でもさっと塗れて便利。まさに、働く女性にうってつけのアイテムですよね。

春の新生活を支える、イハダのスキンケアシリーズを✔︎

出典: イハダ提供

イハダの『薬用スキンケア』シリーズ(全品医薬部外品)は、『薬用バーム』を含めた3ステップのシンプルスキンケア。全品に高精製ワセリンと抗肌あれ有効成分を配合。繰り返す乾燥や肌あれなどの肌トラブルを予防してくれます。

「もう春だし、スキンケアは化粧水と乳液だけでおしまい!」なんて思うのはもったいないかも。敏感にゆらぎがちな春先のスキンケアは、いまが見直しどき。気持ちいい新生活を始めるためにも、さっそく試してみては?

さらにby.Sでは、仕事×肌をテーマにした特集「名刺代わりの肌づくり」を展開中。こちらも合わせてチェックして。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。こちらの記事についてご意見・ご感想をお聞かせください。皆さまのご意見は、資生堂薬品株式会社の企画の参考にさせていただきます。

Sponsored by 資生堂薬品株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。