• 10年後に差がつく、品格スタイル塾

流行中・ミニバッグのこダサい/おしゃれの境界線は「斜めがけの位置」にあり

2019.03.04

いまトレンドのバッグの持ち方といえば「斜めがけ」。スポーティなコーデに始まり、きれいめスタイルにも今やこの持ち方は浸透中。パーソナルスタイリスト大日方久美子さんいわく、すこしの工夫で斜めがけの姿は見違えるほど変わるみたい。

トレンドになって久しい、斜めがけミニバッグ

一言で「斜めがけ」と言っても、その位置によって、おしゃれ度合いが違ってくるみたい。今旬は、バッグがウエスト〜腰上におさまる位置がベスト。

斜めがけの紐が長すぎて、おしり位置に来ちゃうと、全体バランスに違和感が。おしゃれ上級者から見れば「なんかちがう!」って思うのだそう。

さりげなく、こんなバランスで斜めがけミニバッグをおしゃれに取り入れてみて。斜めがけで上半身にポイントを置くことで、スタイルアップ効果も狙えちゃう。

自分のベストな長さにカスタムするプロテク

# 別のバッグ紐から付け替える

バッグのショルダー紐が長すぎる場合、別のバッグ紐から付け替えるというのも一つの方法。ベルトチェンジで、トレンドの斜めがけ位置に。大日方さんはこちらのバッグ、カスタム済みだそう。

# ベルト穴を開けて詰める

もう一つの方法として、ベルトに穴を新たに開けて、好みの位置に調節するのもおすすめ。セルフで穴開けできる、こんな便利な道具を持って置くのも良いかも。

こんな穴あけ工具の名品を発見。穴の大きさを選べるのもうれしい。

トレンドのバッグの持ち方「斜めがけ」。ベストバランスの位置を知っておくだけで、たちまち素敵にまとまるもの。おしゃれに活かせる穴あけパンチなど、便利アイテムもぜひ取り入れてみてはいかが?

取材協力/Personal Stylist 大日方久美子

Channelバックナンバー

10年後に差がつく、品格スタイル塾

配信日:月曜日(毎週)

品格が欲しいなら、今すべきは大人のファッション・自分探し。

text : 福田美和

supervised by

パーソナルスタイリスト
大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案している。
by.Sチャンネル「10年後に差がつく、品格スタイル塾」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend