• 運命を変える眉メイクlesson

自ら+5歳オバちゃん化させてるひと続出…!? たるんだ老け顔を招く「3つのNG眉」

2019.03.04

年を重ねるうえで、だんだんと気になってくる顔の"たるみ"。実は眉の描き方によっては、頬をたるませて見せてしまうこともあるのだとか…。眉の描き方のせいで顔を老け見せてしまっては、もったいない!

そこで、街でよく見かける「老け見えNG眉の特徴」と改善方法を美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしく教えてもらった。

NG1:困り眉(下がり眉)

守ってあげたいような雰囲気にしてくれる困り眉。だけど、末広がりの困り眉を描くことで、顔の重心が下へ下へとさがって見えてしまうのだそう。

視覚効果から頬や目尻が下がって見えたり、フェイスラインがぽっちゃり見えたりすることも。

コメント: 玉村麻衣子さん

困り眉にならないよう、眉頭よりも眉山が高くなるように眉山をしっかり作ることが大切。

NG2:眉下の毛を除去していない

ナチュラルな眉をめざして、手入れを最小限にしているひとも多いのでは?だけど、眉下の毛は放置厳禁!眉下の毛を処理していないと、眉山~眉尻にかけて眉が重く下がって見えてしまうのだとか…。

その結果、顔の重心が下へ下へと下がって見え、頬やフェイスラインがぽっちゃり見えがちになります。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉下の毛は除去することで目もとや頬がパッと明るくきれいに見え、肌のハリもアップして見える効果があるのだそう。

NG3:全体的に眉色が薄い

眉の存在感が強いひとは、顔を見たときに視線が目や眉に分散されるため、シワやたるみが目立ちにくくなります。

コメント: 玉村麻衣子さん

だけど、眉色が薄いとシワやたるみに目が行きやすくなり、目立って見えがちに…。眉色が薄いと顔全体がぼんやりして見え、頬やフェイスラインが膨張して見えることもあるのだそう。

眉色は髪色よりワントーン明るい色が理想。たるみが気になるひとはややしっかり色をのせて、眉の存在感を際立たせてみて。

眉のせいで、老け顔に見せてしまってはもったいない。顔をスッキリと見せたいひとは、高級な美容液やマッサージの前に、まずは自分の眉の描き方や形を見直してみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend