「もっと積極的になってよ、と言われて…」彼とのセックスをより楽しむ方法とは?

PR:小林製薬株式会社

長く付き合った彼とは安心感がある一方、なんだか刺激が足りないかも…なんて悩んでいない? 大人のカップルこそ、マンネリしないための“ひと工夫”が不可欠。セックスを楽しむためのアイデアを参考にしてみて。

彼とのセックスを、より楽しむ方法とは

1. 脱がせたくなる“ランジェリー”を選ぶ

出典: IrynaL/Shutterstock.com

先日、新しい下着を買ったので「せっかくだから彼に見せたいな〜」と、あえて下着だけつけてベッドでゴロゴロしていたんです。そうしたら、彼がニヤニヤとうれしそうに脱がせてきて!その後はもちろん、大いに盛り上がっちゃいました(笑)。いつもは自分でさっさと脱ぐ派なので、たまにはこういうのもアリだなと思いました。

コメント: 交際歴3年/Oさん

マンネリ気味のカップルには、視覚的に刺激を与えるのがいいみたい。あなたも久しぶりに“勝負下着”を新調してみてはいかが?

2. こっそり“腟トレ”であそこを鍛える

出典: VGstockstudio/Shutterstock.com

付き合って5年の彼氏がいます。エッチは月2〜3回くらいだけど、正直マンネリ気味だしあんまり気持ちよくない…。そこで、雑誌で見つけた「腟トレ」を始めてみることにしました。腟を鍛えるエクササイズなんですが、ぶっちゃけ自分のためだったのに、最近では彼が「なんか最近すごく気持ちいい」と言ってくれるようになってうれしいです。締まりがよくなったのかも。

コメント: 交際歴5年/Kさん

「もしかしてゆるくなってきたかも…!?」という女性におすすめな腟トレ。簡単なエクササイズから専用のアイテムを使ったものまで、自分にあった方法を探してみて。

3. 積極的になれるよう“あそこのケア”をする

出典: Galina Tcivina/Shutterstock.com

小さいころから肌が弱めで、あそこも生理や汗でムレるとかゆくなりがちな私。Vゾーンを剃った後なんかは、チクチクかゆくて気が散って気が散って、セックスに集中できませんでした。そんなある日、ついに彼から「もっと積極的になってほしいな〜」とリクエストが。レスになりたくないので、ちゃんとケアしてみようかなと思っています!

コメント: 交際歴3年半/Aさん

入り組んでいるから汚れも溜まりやすく、汗やムレなど、ちょっとしたことでかゆくなりやすいデリケートゾーン。もし掻きむしってしまうとキズから雑菌が入って、なんとニオイの原因になることもあるんだとか…!ぬるま湯で丁寧にやさしく洗ったり、締めつけすぎないファッションを心掛けるなど、予防も肝心。

かゆくなったら使いたい、定番のお薬といえば?

デリケートゾーンはその名のとおり、皮膚が薄くて繊細。だから、どうしても些細なことでかゆくなってしまうことはあるんです。

出典: 編集部撮影

そんなときに使いたいのが『フェミニーナ』。速効性のあるかゆみ止め成分配合だから、場所が場所だけに掻けなくてつらいかゆみを、サッと鎮めてくれます。
 
なんと、かゆみ女性の3人に1人(※)が使用経験ありなんだとか。
※2016年20〜40代女性  6,000名 小林製薬調べ

出典: 編集部撮影

ラインナップは、使用感や生活スタイルで選べる3種類。ベタつきにくいフェミニーナ軟膏Sに加え、サラっとした使い心地のジェルタイプ、手が汚れず持ち歩きしやすいミストタイプが揃っています。ポーチに入れておきやすい見た目なのも、女性にうれしいポイント。

出典: 編集部撮影

さらにフェミニーナには、疲労や抗生物質などで「白いポロポロとしたおりもの…カンジダが再発した」というときに自分で治せる『フェミニーナ 腟カンジダ錠』も。普段とは違うかゆみがあって、早く治したいのに病院に行けない!そんなときにもぴったりです。もちろん、カンジダ再発中のセックスはNGですよ。

大好きな彼とは、何年経ってもマンネリ知らずでいたいもの。より積極的にセックスを楽しむために、できることから始めてみては?

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。