• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

プロが注目する「シルバーアクセ」のトレンド2019と、“足し引き”コーデの正解

2019.02.20

Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんは、いま、「シルバー」を激推し中。これまではゴールドアクセばかりだったけれども、今季はシルバーの虜なんだとか。プロがこぞって持ちたくなるシルバーアクセ、そのトレンドとルールを覚えたい。

シルバーのトレンド、4つのTOPIC

・クリアMIXブレスレット

黒石さんも絶賛ヘビロテ中の「BIJOU RI」バーコードブレス。ポイントはなんと言っても、クリア素材をミックスしているところ。

とても人気があるアイテムです。ごつめなデザインだけど、クリアMIXだから重すぎない。ゴールとよりもおしゃれ感度が高くどんな服にも合わせやすい、優秀アイテムです。

コメント: 黒石奈央子さん

・ティファニー

黒石さんの左手首実はティファニーのブレスレット。甘くてフェミニンなイメージの、これまでのティファニーとは一線を画すデザイン。

最近、ティファニーにタイプな子が多くて。2013年にフランチェスカ・アムフィテアトロフがデザインディレクターに就任してから、カジュアルにオンできるモダンなアイテムが増えた印象です。

コメント: 黒石奈央子さん

・ボールネックレス

黒石さんのインスタでも問い合わせが殺到中。大注目のAmeriオリジナルのシルバーボールネックレスは、どんなときでもお供にしたくなる、ヘビロテ中毒確実アイテム。

水着にもワンピにも、普段のオンでもオフでも使える超万能アイテムです。どんなシーンでも愛用しています。

コメント: 黒石奈央子さん

・プレートピアス

黒石さんがSSに向けて推すのは、大ぶりなシルバー&ゴールドが表裏一体になった、プレートピアス。

面はシルバー、裏はゴールドでできているので、シルバーコーデにも使えるし、ゴールドコーデにも合う。どんな着こなしでも相性の良さを発揮します。

コメント: 黒石奈央子さん

アクセの“足し算/引き算”ルール

・ネックレス&ピアスの場合

黒石さんのアクセにご注目。大ぶりなお目立ちピアスに、繊細で華奢なネックレス。このバランスが、上半身アクセの法則。

ひとつが大ぶりアクセなら他の箇所はシンプルに“引き算”するのが、ピアス&ネックレスコーデの鉄則です。どちらも大ぶりなど、ごてごてとうるさい印象になってしまうなど、バランスが悪くなってしまいます。

コメント: 黒石奈央子さん

・ブレスレット&指輪の場合

一方で手もとの場合引き算は意識しなくていいみたい。

指輪やブレスレットなどはボリューミーに重ねまくってもOK。その理由は、手もとはパッと見た瞬間に、他人からいつも見えるわけじゃないから。足し算しちゃって大丈夫なんです。

コメント: 黒石奈央子さん

全身コーデとアクセ選びのルール

わたしはいつも、まずは全身コーデを決めたあとベルトや靴などの小物を選びその小物に合わせてアクセを決めるんです。

コメント: 黒石奈央子さん

その際、たとえばバッグの金具がゴールドならば、アクセもゴールドベルトのバックルがシルバーの場合、アクセもシルバーにまとめる。統一感のあるコーデを意識すれば、おしゃれ上級者に一歩近づけそう。

魅力的なアイテムが豊富なシルバーアクセ。今期、プロ直伝の使い方をマスターして、まわりから一目置かれましょ。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend