• 現場のスクショ話

“本命買い”したい、大人ワンピ。京都で草木染め、桐生でドット刺繍…注目ブランドを✔︎

2019.03.03

まだ肌寒い日がつづくけれど、気分はもう春にシフト。今年活躍させたい本命ワンピースを中心に、今季デビューしたNEWブランドをご紹介。あたらしい「女性らしさ」を手に入れたいひと、要チェック。

2019SSデビューの注目ブランド。「Eica Yoshinari」

出典: Eica Yoshinari

2019SSでデビューを飾った新ブランド、「Eica Yoshinari / エイカヨシナリ」。国内での生地作りや縫製を主に、飾らないdressアイテムを軸としたコレクションを展開。デザイナーは、アパレルメーカーにてキャリアを積んだ吉成リカさん。

Eica(栄華)とは栄え、ときめくことの意味を持つ。他者との関係によって生まれる普遍的な女性らしさや相対的な美しさを追求。

コメント: Eica Yoshinari

テーマは「Nature poetry」。2019SSコレクション

出典: Eica Yoshinari

Eica Yoshinariはデザイナーの吉成リカさんが女性らしさを追求し、女性の美しさが最大限に表現されるアイテムがそろう。ファーストコレクション、2019SSのテーマは「Nature poetry」。エアリーなワンピースやセットアップなど、女性なら誰もがときめいてしまうコレクション。

あたらしい季節、あたらしい装いに。新作をチェック

出典: Eica Yoshinari

TIERED MAXI DRESS 46,000円(税抜)※3月中旬~発売予定

デコルテを美しくみせるネックライン、そしてふんわりとしたスカートが女性らしさ高まる、ティアードマキシドレス。ロマンティックなパープルで、春を感じる本命ワンピ。

出典: Eica Yoshinari

SEE THROUGH RANDOM BLOUSE 32,000円(税抜)
SEE THROUGH RANDOM DRESS 42,000円(税抜)

ランダムなドット柄に心惹かれる、ブラウス&ドレス。張り感の残る綿ボイルは京都で染色、あえて隙間を残したドット刺繍は桐生で施したブランドオリジナル素材。

出典: Eica Yoshinari

SILK SATIN CAMI 25,000円(税抜)
SILK SATIN BRA 21,000円(税抜)

肌にすっとなじむように心地よい、シルクサテンのキャミ&ブラ。素材は国内で作られた30匁の高品質なシルクで、染めは京都での草木染め。シンプルなのに、飾らない女性らしさを最大限にひきだしてくれる。

出典: Eica Yoshinari

POCO POCO CAMI 29,000円(税抜)※3月中旬~発売予定
POCO POCO SK 36,000円(税抜)※3月中旬~発売予定

さらっと纏うだけで、大人の女性らしさと可愛い女の子らしさを同時に演出してくれるキャミ&スカート。カラッとしたドライな質感と凹凸が特徴の、ブランドオリジナル素材を使用。

出典: Eica Yoshinari

GINGHAM CHECK BUSTIER 29,000円(税抜)※3月中旬~発売予定
GINGHAM CHECK PANTS 34,000円(税抜)※3月中旬~発売予定

ボディラインを美しく魅せてくれるチェックのビスチェ&パンツ。リネンとヴィスコースの織りによって生まれる、凹凸が表情豊かなブランドオリジナルの素材を使用。

出典: Eica Yoshinari

DAHLIA JACQUARD DRESS 52,000円(税抜)

大きなダリア柄が印象的で、華やかながら自然体のドレスアップが叶うジャガードドレス。素材は浜松で織り上げたコットンジャガード。

出典: Eica Yoshinari

MADRAS SHIRRING BLOUSE 32,000円(税抜)
MADRAS SHIRRING PANTS 32,000円(税抜)

シャーリングステッチのディティールが目を奪う、チェックのブラウス&パンツ。セットアップでも、ほかのアイテムとあわせて別々に着ても◎。

今季デビューの注目ブランド「Eica Yoshinari」。取扱店舗は、Re-style TOKYO 新宿ほか。自分でも知らなかった「女性らしさ」を表現してくれる洋服で、あたらしい季節を楽しんで。

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : あゆみ

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend