「デキる女に見られたいなら、逆効果」。大人の女が30歳までに無くしたいもの

PR:資生堂薬品株式会社

ショップには早くも夏服が並びはじめて、心踊る季節。でもこのまま薄着になって大丈夫? アラサーにもなって身体に“あれ”ができていると、恥ずかしい思いをするかもしれませんよ。

大人の女が30歳までに無くしたいものとは…

出典: Diana Indiana/Shutterstock.com

それはずばり、虫さされ。さされて赤くなったり掻きむしった痕なんかができていると、せっかくのおしゃれが台無し。しかも、年齢を重ねるごとに痕が消えにくくなってしまうんだとか。

虫って意外と会社や街なかにもいるんだけど、やっぱり「草むらででも遊んできたの?」みたいな、子供っぽい印象がありますよね…(笑)。

コメント: 30代女性/デザイナー

完璧におしゃれしてるのに虫さされがある女性、俺だったら「かわいいとこあるな」って思っちゃうかも!? でも多分デキる女に見られたいならマイナスイメージでしょうね。

コメント: 30代男性/営業職

“お子ちゃま”認定される前に、おしゃれ虫除けでガード

「ヤバイかも…」と思ったあなたにおすすめなのが、『IHADA アウトドアスクリーン』(雑貨)。衣類や空間にスプレーして効果を発揮する、虫除けスプレーです。

ポイントは、「防腐剤(パラベン)フリー」「ディート無配合」というこだわりの設計。天然温泉水、ローズマリーエキスなど、厳選された天然由来の原料を使用しています。

ブルーを基調としたボトルは、持ち運びに便利な2サイズ展開。“いかにも虫除け”な見た目ではないので、バッグに入れていてもおしゃれです。ドラッグストアで手軽に買えるのもうれしいですね。

出典: UNIKYLUCKK/Shutterstock.com

虫が嫌がる天然精油(ユーカリ油、ゼラニウム油、ハッカ油)をバランス配合し、さわやかな香りでガード。おしゃれと香りを楽しみながら、香りのバリアで虫を寄せつけません。「虫除けスプレーのにおいが苦手」という女性にもぴったり。

せっかくすらりとした脚、すっきりした二の腕を見せていても、虫さされがあったら台無し。「そういえば去年もさされたかも…」というあなたは要注意ですよ。

出典: Diana Indiana/Shutterstock.com

さらにby.Sでは、春〜夏の肌見せをテーマにした特集「明日から薄着に、すぐなれる?」を展開中。こちらも合わせてチェックして。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。こちらの記事についてご意見・ご感想をお聞かせください。皆さまのご意見は、資生堂薬品株式会社の企画の参考にさせていただきます。

Sponsored by 資生堂薬品株式会社