このサイズ感が◎。「毛穴開いてるかも?」にも使える、便利なバームを手に入れたい

PR:資生堂薬品株式会社

アラサーともなると、毎日のスキンケアは欠かせないもの。でも暑くなる夏は、ケアしていても「毛穴の開きが気になる」「べたつきが気になる」とお悩みのひとも多いのでは? そんなあなたに、意外にも足りていないのは…

夏こそ、大事なのは“保護”。イハダの「バーム」を携帯すべし

汗ばむ陽気になる夏は、肌にうるおいを感じる季節。でも、紫外線や冷房による乾燥などのダメージ要因が多く、実は肌の内部が乾燥してしまう“隠れ乾燥”状態に陥りやすい過酷な季節なんです。

暑いからといって「さっぱりケアにかえよう」なんて思っていると、さらに肌の乾燥状態が進み、皮脂が過剰に分泌されてべたついたり、毛穴が開いて目立ちやすくなったりと“隠れ乾燥”トラブルを引き起こす原因にも。

イハダの『薬用バーム』(医薬部外品)は、ひと肌でとろけてなめらかに広がり、ピタッと密着して肌を守ってくれる、新感触のベタつかないバーム。

いつものスキンケアに加えることで、紫外線などの外部刺激でダメージを受けた肌を保護しながら、水分をしっかり閉じ込めてうるおい環境をキープ。“隠れ乾燥”による毛穴の開きや皮脂の過剰分泌といった、夏ならではのお悩みにもおすすめです。

不純物を限りなく取り除いたグレードの高い「高精製ワセリン」(肌うるおいバリア保護成分)と、肌あれを防ぐ有効成分を配合。スキンケアの最後に使うことで、うるおい保護膜を形成し、乾燥、紫外線などの外的刺激から肌を守る力がアップ。

夏に気になる、日やけによるほてりも防いでくれるので、うっかり日やけしてしまった…という日には、多めに塗ってダメージをケアしましょう。

出典: ADfoto/Shutterstock.com

汗ばむ季節は、さっぱりとしたケアになりがち。そんなときでも、さらっとした使い心地のイハダのバームは重宝しそう。

液体ではないので持ち運びやすく、化粧ポーチに入れやすいサイズ感。忙しく働く女性も、気になったタイミングでさっと使うことができますよ。

出典: Nazarova Mariia/Shutterstock.com

「夏のスキンケアは化粧水やオールインワンでおしまい」というあなたは、損しているかも。毎日のケアにバームを取り入れて、“隠れ乾燥”トラブルに悩まない美肌を目指してみては?

さらにby.Sでは、仕事×肌をテーマにした特集「名刺代わりの肌づくり」を展開中。こちらも合わせてチェックして。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。こちらの記事についてご意見・ご感想をお聞かせください。皆さまのご意見は、資生堂薬品株式会社の企画の参考にさせていただきます。

Sponsored by 資生堂薬品株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。