「ウォータープルーフを選べばいいや」の落とし穴。うっかり焼けの原因はまさかの…!?

PR:株式会社カネボウ化粧品

そろそろ紫外線を無視できない季節。「早めに日焼け止めを塗るから大丈夫」というひとも「真夏以外もウォータープルーフです」というひとも、知らないうちに焼けてしまった経験があるのでは…!? 実は日焼け止めは、見落としがちな“アレ”が原因でも落ちてしまうんです。

あなたはいくつやっちゃってる? うっかり日焼けの意外な原因

1. おしゃれのつもりが!? 服の袖や襟元のこすれ

出典: Nesolenaya Alexandra/Shutterstock.com

長袖をラフに折り返したり、半袖の上にカーディガンを肩掛けしたり、春先のおしゃれは楽しみ方がいろいろ。でも、せっかく日焼け止めを塗った上に、襟や袖が当たってしまっていない? 実は衣服のこすれによっても、日焼け止めは落ちやすくなってしまうんです。

2. ハンカチやタオルで肌をふきふき

出典: yurakrasil/Shutterstock.com

ハンカチやタオルを持ち歩くのは、大人の女性なら欠かせないマナー。でも、実はタオル等のこすれも、日焼け止めを落としてしまう原因に!

3. “関節持ち”してない? バッグとのこすれにも要注意

出典: Victoria Chudinova/Shutterstock.com

最後に、毎日持ち歩くバッグにも注目。腕の関節部分にバッグの持ち手が触れていたり、肩に掛けた大きめバッグのボディが腕と触れていたり…。そんなこすれや摩擦も、日焼け止めが落ちやすい原因になってしまいます。

これら3つの原因、誰しもが心当たりがあるのでは? 見落としがちな日常のこすれ・摩擦に注目した日焼け止めが、この春登場するんです。

日常のこすれ・摩擦に強く落ちにくい。『UVプロテクターパーフェクト』

日焼け止めにこだわる女性におすすめなのは、3月16日発売の新アイテム『リサージ UVプロテクターパーフェクト』

日常のこすれ・摩擦に強く落ちにくい新機能“フリクションプルーフ”を搭載した、高UVカットジェルクリーム。さらに、汗・水に抜群に強い機能スーパーウォータープルーフ*を採用。落ちにくさにとことんこだわったアイテムなんです。
*80分間にわたる耐水試験で確認済み

みずみずしいウォーターベース処方で、肌にやさしいつけ心地。紫外線などによる乾燥ダメージを防ぎながら、うるおったなめらかなハリ肌に。コラーゲンケア成分(保湿)**配合なのもうれしいポイントです。

天然精油配合のリラックス感のある香りで、「日焼け止めも匂いまでこだわりたい!」というひとにもぴったりですよ。

**水溶性コラーゲン、グリセリン、グリシン、プロリン、アラニン、加水分解シルク

リサージ UVプロテクターパーフェクト
50g 3,000円(税抜)
SPF50+・PA++++(顏・からだ用)

毎年「絶対焼きたくない!」というひとは、日常の何気ない習慣を見直してみて。もちろん、こまめな塗り直しも忘れずに。今年こそ、透明感のある美肌を手に入れてみては?

by.Sでは、特集「欲しがる女が幸せになる」を展開中。こちらも合わせてチェックして。

※SPFとは紫外線B波から肌を守る効果を示す指数、PAとは紫外線A波から肌を守る効果を示す分類です。SPF、PA表示は国際的な基準で1㎠あたり2mg塗布して測定した値です。商品選択時の目安とお考えください。
※効果を保つために、こまめに(特に、タオル等でお肌を強く拭いたときなど)つけ直してください。

Sponsored by 株式会社カネボウ化粧品

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。