• オーラ放つ、ゆるぎないもの

お洒落なひとが何度も訪れる意外な場所とは? 疲れをリセットできる"宮古ブルー"の魅力

2019.03.19

自他共に認める「旅女」である、パーソナルプロデューサー・ブランドディレクターのikkoさん。日本のみならず世界各地を訪れているikkoさんは、忙しい毎日を旅でリセットしているのだそう。なかでも、何度も訪れている旅先は意外にも国内である「宮古島」だった。

沖縄本島より南西約290kmにある、宮古島。日本であることを疑うかのような、ノンフィルターでもペールトーンの海、真っ白な砂浜、美しいサンゴ礁…。名前は聞いたことがあるけど、その魅力を知らなかったという人も多いはず。

ikkoさんは、その魅力に虜になり島を訪れては、"癒し"や景色・人との"出会い"を手に入れているのだとか。宮古島での疲れリセット法とは?

まるで時の流れが遅くなるよう…。ペールトーンの海を眺める

出典: ikkoさんご提供

宮古島は、山も川もない、低く平たい島。雨水が地下水となり湧き水となり海へ流れ込む仕組みなので、土砂で汚れることがない。また、サンゴ石灰岩なので砂が白く美しい。結果、透き通った「宮古ブルー」が完成するのだ。

【与那覇前浜 (よなはまえはま) 】

出典: 編集部撮影

宮古島の南西に7kmほどの白浜が続くビーチ
住所:沖縄県宮古島市下地与那覇1199番

「日本にこんなところがあるんだ…」と感嘆してしまうほど、美しいビーチが広がっている。宮古島のビーチは、東洋一だとも言われているのだそう。

ikkoさんもお気に入りなのが、与那覇前浜。

前浜のSunset。想い出の場所~
4年前と変わらず、ペールトーンの海がありました。
同じ時間なのに、ゆっくり流れてる気がする。。

コメント: ikkoさん

出典: 編集部撮影

世界屈指の透明度を誇るに映る、サンセットの美しさも魅力の1つ。じっと日が落ちて行くのを眺めるだけで、心が洗われていくような気分に。時間に追われ忙しく過ごしている毎日の疲れがリセットされる

出典: ikkoさんご提供

水中の世界へ。穏やかな海に身をゆだねてみる

これは池間島の写真。ロープで降りていくと、ビーチが広がっています。絶好のシュノーケリングポイントでした。

コメント: ikkoさん

#宮古島から池間島へ

出典: 編集部撮影

ikkoさんの訪れた池間島は、宮古島から池間大橋を使って訪れることのできる島。宮古島は、橋でつながっている島が多く、周辺の島も気軽に楽しめるのが特徴。真っ青な海の上の橋を渡るドライブは、格別なはず。周辺には、他にも「伊良部島」「下地島」「来間島」などがある。

行かなきゃ出逢えない景色がたくさんある。行って出逢える人がたくさんいる。基本、旅は誰と行ってもノープランです。笑

コメント: ikkoさん

# 船で行く八重干瀬

出典: ikkoさんご提供

さらに海を楽しみたいひとにおすすめなのは、池間島から船でいける八重干瀬。ikkoさんは、“幻の大陸”と呼ばれている感動スポットでシュノーケルを楽しんだそう。

出典: ikkoさんご提供

ゼリーみたいな海なんです!

コメント: ikkoさん

出典: ikkoさんご提供

小さな島だからこその温かさや伝統、豊かな自然にふれる---。すると、自分を見つめ直す時間、立ち止まって今と向き合う時間が得られるかも。

ふと、気がつけば一日が終わっている…。そんな日々ではあっという間に老け込んでしまいそう。ぜひ宮古島を訪れてみては?

実はいま、宮古島を訪れる絶好の機会…!

17END 下地島空港付近

これまでは、片道25,000円程度(編集部調べ)、乗り継ぎがある場合は5~6時間かかっていた。

しかし、宮古地域初のLCCしてジェットスターの就航が決定。2019年3月30日、東京(成田)~ 宮古(下地島)の運航がスタートする。

さすがLCC。東京(成田)=宮古(下地島)路線は、片道運賃が6,990円~!2019年7月3日(水)からは、大阪(関西)ー宮古(下地島)路線も運航を開始予定。こちらは、なんと片道5,990円~。今まで、価格も時間もハードルが高かった宮古島旅だけど、これからは気軽に行けるようになる。

※表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれていません。また、諸条件が適用されます。


混雑する前にチェックしておくのが賢い選択!

出典: ジェットスター提供

初の就航となった国内LCCは、ジェットスター。なんと片道運賃6,990円〜と破格の設定!また、公式アプリが充実しており、スマホひとつで予約から搭乗手続きまで完結するのだとか。

さらに指定した日(期間)のフライトが希望の運賃になったらメールでお知らせしてくれる「プライス・ウォッチ」という価格の変動によるストレスを解消してくれるサービスなど、気軽に宮古島へ赴けるようになりそう。

神秘的とも言える”宮古ブルー”を訪れれば、新しい自分を発見できるかも。

出典: ikkoさんご提供

取材協力 パーソナルプロデューサー / ikko Masuda
ikkoさん Instagram

ジェットスターの予約ページ
https://www.jetstar.com/jp/ja/home

Channelバックナンバー

オーラ放つ、ゆるぎないもの

配信日:金曜日(毎週)

洗練オーラの源、“ゆるぎないもの”を探る。

text : by.S編集部

supervised by

パーソナルプロデューサー
ikko Masuda

モデル育成や学生ファッションショーの総合ディレクター。アパレル経営・プロデューサーも務め、私服や手がけるアイテムに見られる圧倒的なセンスにファンが後を絶えない。
by.Sチャンネル「オーラ放つ、ゆるぎないもの」で金曜日(毎週)配信中!

Recommend