• 運命を変える眉メイクlesson

どうせ着けるなら"マスク美人"に。結構いる…「マスクおブス」になる3つの残念眉

2019.03.11

「マスクをしたら3割増しでかわいくみえる」なんていう"マスク美人"という言葉もあるけれど、マスクをしても美人になれず、むしろ残念になっちゃってるひとが結構多いみたい。

実は、マスクをするときこそ眉メイクがとても重要。そこで今回は、マスク美人をつくるための眉メイクのポイントを美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしく教えてもらった。これからの時期、マスクが手放せなくなる花粉症さんや、仕事柄マスクを着用しなければならない看護師さん、歯科助手さんも自分の眉をいますぐチェック!

マスク姿がだらしなく見えるNG眉3つ

マスクを着用しているときは顔の半分が覆われている状態で、見えているパーツは目と眉のみ。そのため、眉の描き方次第でマスク姿の好感度が上がることも、逆に下がることもあるんです。

コメント: 玉村麻衣子さん

マスク着用時の眉メイクで、避けたいポイントは以下の3つ。普段やってしまっていないかチェックして。

①眉全体が薄め、ナチュラル過ぎる眉メイク

マスクをするとチークやリップなど血色が感じられる部分が隠れるため、顔色が悪く見えがち。その上、眉全体の色が薄いと顔に生気が感じられず、不健康顔・幸薄顔・老け顔に見られることも。

②眉尻がボヤッと太め

眉尻が太くボヤッとしていたりムダ毛でボサボサだったりすると、横顔の清潔感が損なわれてしまうのだそう。

③眉下ラインがガタガタ

眉下の輪郭がぼやけていたりガタガタだったりすると、メイク崩れしているような印象になり、清潔感が損なわれてしまう。また、目もとがボヤッとして見えることも…。

マスク美人の決め手は「眉尻」と「眉下」

マスク着用時に重要なのは、清潔感と目元の明るさ。玉村さんいわく、以下2つを意識するのがポイントなのだそう。

①眉尻はキュッと細めに

眉尻を細めに仕上げると横顔が美しく見え、マスク美人に近づくのだそう。比べてみると一目瞭然。すっきりと清潔感のある印象に変身。

眉尻を描く際は、やや細めのアイブロウペンシルを使用して、キュッと細めに描く意識をしてみて。

②眉下ラインを際立たせる

眉の下ラインをややハッキリと際立たせるように描くと目がイキイキとして見え、表情が明るく見えるように。また、上まぶたがツヤやかに見えるから、目もと全体が明るくなって見えるのだそう。

そして眉色は、薄くならないように気をつけることが大切。「髪色よりも少し明るいくらい」を意識してみて。

また「マスクから立ち昇る蒸気で眉尻が消える…」というひとは、消えやすい部分をリキッドアイブロウで描くと、キレイな眉を一日キープすることができるのだそう。

FASIOのリキッドアイブロウは濃過ぎず薄過ぎずのシアーな色づきで、取り入れやすいです。

コメント: 玉村麻衣子さん

花粉の季節。どうせ1日中マスクを着用しているのなら、マスク美人に見られたいもの。玉村さんの眉テクを参考に、マスクをつけてても美人な女性をめざしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend