SNSで話題に。心身ともに美しくなれる「ナチュラルビューティキャンプ」開催

PR:公益社団法人米穀安定供給確保支援機構

自然のなかでさまざまなアクティビティを体験し、心身ともに美を磨いていくソーシャルメディアイベント「Natural Beauty Camp(ナチュラルビューティーキャンプ)」。これまでハワイやシンガポールでも開催され、SNSでも話題に。

今回の舞台は、都心から離れたリゾート「葉山」。雑誌『sweet』モデルの石田ニコル、野崎萌香のほかモデル5名が参加し、美しい海や山を感じるアクティビティに挑戦、さらに健康なからだづくりのために食事の大切さも学び、大人リゾートなひとときを体験した。

美しい海辺ヨガで、気持ちのよい朝を迎える

出典: 編集部撮影

朝7:30、朝日が水面にきらめく一色海岸で、ビーチヨガを実施。果てしなく続く水平線と大きな空から、からだいっぱいに大地のエネルギーを吸い込んでリフレッシュ。気持ちよく心とからだが目覚め、最高の1日がスタートした。

情緒あふれる一軒家で、朝ごはんタイム

出典: 編集部撮影

気持ちのよい朝を迎えたあと、一色海岸を目の前に臨む築90年の日本家屋をリノベーションした一軒家へ。からだの芯からほっこりあたたまる、朝ごはんをいただく。

出典: 編集部撮影

朝ごはんのメニューは、お茶碗1杯のごはんに、具がたっぷりと入ったお味噌汁、おかずは炒り卵、トマト、そしてお漬物。

出典: 編集部撮影

ごはんの美味しさに話もはずみ、たのしいひとときを過ごした参加者たち。普段は忙しく朝ごはんを食べる時間が少ないモデルも、久しぶりのしっかりとした朝ごはんに、気分も上がったみたい。

美のため、健康のために「ごはん」の大切さを学ぶ

出典: 編集部撮影

そして、日ごろから体型維持に気を遣っているモデルたちへ、管理栄養士・柏原ゆきよさんによる、食と健康に関する講義を実施。普段の食事にアドバイスをしたり、食べても太りにくく、老化しにくい体づくりをテーマにレクチャー。

出典: 編集部撮影

我慢したり、量の少ない食事を続けると、老廃物や脂肪を溜め込みやすく、太りやすい体になってしまうという。胃腸は筋肉でできていて、その筋肉は食べ物が入ったときしか動かない。朝おなかが空かない、ちょっとだけで満腹になってしまうのは、胃腸の機能が低下しはじめている証拠なんだそう…。

「だって、子どものころは朝おなかが空いていたでしょう?」という先生の言葉に、一同納得。

出典: 編集部撮影

食べても太りにくいからだをつくる鍵となるのが“ごはん”。先生はなんと1日2合も食べているんだとか。 食べたごはんをエネルギーに変え、トレーニングでは鍛えられない胃腸のインナーマッスルを強化することで、アンチエイジング効果もあるのだそう。

胃腸の機能を高め、老廃物を排出しやすいからだをつくることが、きれいへの近道。“いま”痩せるためではなく、40年後に美しくいられるかを意識して、食事を摂ることが大切だと教えてくれた。

おむすびの新スタイル“ごはんスティックストック”づくり

出典: 編集部撮影

忙しい朝でも手軽においしく食べられる新しいおむすびのスタイル、ごはんスティックストックづくりに挑戦。

出典: 編集部撮影

和の食材にこだわらず、好きな具材をごはんで巻くだけ。ごはんだけでなく、具材を入れることで手軽に栄養がとれるのがうれしい。

ごはんスティックストックを持って、ハイキングへ

スティックストックを持って、ハイキングミニコースを散策。山から見おろす絶景と、マイナスイオンにつつまれながらのハイキングは爽快。

出典: ご提供画像

そして、ひと汗かいたあとはおまちかねのランチタイム。運動後に食べる手づくりのStickStockは、格別においしいはず!

出典: 編集部撮影

インナービューティの大切さを知りながら、最高のロケーションでのアクティビティで、外側からも美にアプローチ。しっかり食べてきれいになれる、そんな幸せを知った「Natural Beauty Camp 2019 in HAYAMA」だった。

Sponsored by 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構