「あ〜疲れた、何もしたくない…」な夜。きれいな人はコップ1杯のアレを飲んでいる

2019.04.25

“飲む点滴”とも呼ばれる「甘酒」。実は、甘酒の発酵菌は腸活にも効果的で、メンタル面にも影響をあたえるといった説も。でも、ひとえに甘酒といってもなんでもいいわけではなく、選びかたにポイントが! そこで今回は、ビューティープロデューサーの平野宏枝さん流の甘酒の選びかたを伝授。

身も心もきれいなひとは「甘酒」を飲んでいる

出典: ライター撮影

甘酒は「米麹」を発酵させたり「酒かす」と砂糖、水を煮て作る、日本の伝統的な発酵食品。主な栄養素は、ビタミンB群、アミノ酸、ブドウ糖、オリゴ糖など。

アミノ酸やコウジ酸・抗酸化作用が美肌にアプローチするだけでなく、酵素が代謝アップをサポート。また、ビフィズス菌を増やす働きをする成分が含まれているため腸活としても◎。

腸は「第二の脳」とも言われていますが、甘酒を飲めば自然と腸活になりますよね。また、誰でも簡単に作れますし、忙しくて自炊ができない女性にもぴったりの飲み物だと思います。

コメント: ビューティープロデューサー平野宏枝さん

「甘酒」ならなんでもいいというわけじゃない

最近では、「甘酒」が美容や健康維持をサポートするとして認知されるようになり、コンビニやスーパーでも購入できる時代になった。

けれど平野さんいわく、甘酒ならなんでもいいと言うわけではなく、製造方法や原料で味や成分が大きく変わるのだとか。添加物が入っているものが多いなかで、口にするものだからこそできればナチュラルなものを選びたい。

そんな平野さんが愛飲し、おすすめしてくださったのが神楽坂 発酵美人堂の「甘酒」。

出典: 神楽坂 発酵美人堂

飲むセラミド 『美人甘酒 ジンジャー & シナモン』有機JAS認証 700円(税抜)
※1パックあたり2〜3食分

神楽坂 発酵美人堂
https://hakkobijin.base.shop

甘酒の開発者である「神楽坂 発酵美人堂」の店主・清水紫織さんが、平野さんプロデュースの美容液「CERAPLE(セラプル)」に出会ったことがきっかけで、この甘酒が誕生したのだそう。

というのも、「CERAPLE(セラプル)」には保湿成分として麹由来のセラミドが入っている。この麹由来のセラミドは人間が本来持つ型と同じ天然ヒト型セラミドで、非常に浸透・吸収が速やかで、その美容効果がしっかりとエビデンスとして証明されている。

清水さんはヒト型セラミドに惚れ込んで、この甘酒を作ろうと考えられたのだとか。

さらに、この甘酒の「ヒト型セラミド」、実はお醤油を搾るさいにできる「搾り粕」から見つかったセラミド。本来なら産業廃棄物として莫大な金額とエネルギーを使って処理される粕を循環して使用できることから、「エシカルな原料である」と経済産業省局長賞も受賞している。

出典: ライター撮影

「冷えは、万病のもと」とよく言われます。これを飲むことで身体がポカポカしてくるので、冷え対策としてもおすすめです。

そして、私は「おいしいもの」でないと続かないのですが(笑) これは本当においしいから、つい飲みたくなるんです。ジンジャーやシナモンのスパイスが効いていて、大好きな味。おいしくて、腸活もできちゃうなんて一石二鳥ですよね。

コメント: ビューティープロデューサー平野宏枝さん

「本当の飲む美容液にしたい!」その思いで2年かけてやっと完成した甘酒です。また食養生にも用いられる有機スパイスをたっぷり使用しているのも特長。やさしい味わいの甘酒とスパイスがよく合います。

コメント: 神楽坂発酵美人堂店主 清水紫織さん

お湯割りはもちろん、アレンジして飲むのも◎

お湯で割って飲むのはもちろん、豆乳や牛乳、アーモンドミルクなどで1.5〜2倍に割って飲むのもおすすめ。
豆乳や牛乳で割り、きなこを適量入れて飲むのも、また違った味を楽しむことができる。

温めて飲むことで、さらに温活効果が期待できるとのこと。

忙しい毎日のなかで、美や健康を意識した食事を摂ろうとなるとどうしても「自炊」の壁にぶちあたる。けれど、飲みものなら調理する手間などもなく、毎日飲むだけでOK。

麹由来の天然ヒト型セラミド配合の甘酒… これは、飲まなきゃ損かも。

取材協力/ビューティープロデューサー平野宏枝、神楽坂 発酵美人堂:店主 清水紫織

text : 神崎利奈

Recommend