大人なら「からだにいいもの」を選ぶべき?きれいなひとの“取り入れルール”に驚き

PR:株式会社 スーパーフードラボ

年を重ねるごとに、毎日口にするものやからだに使うアイテムは「いいものにしたい」と思っているひとも多いはず。でも実際は、トレンドや見ためのかわいさに流されてしまった…という経験が一度はあるのでは?

今回お話を伺ったのは、スポーツトレーナーでありながら、心とからだの“インナービューティーインストラクター”としてご活躍中の松 葉子さん。これを読めば、あなたもいまの生活を変えたくなっちゃうかも。

いいものを、ハッピーに取り入れたい。松さんのマイルール

出典: 編集部撮影

教えていただいたのは「からだの外から取り入れるものと、美の関係」について。松さんは、日々どんなことを大切にしているの?

わたしたちのからだは口から入れるものでできているから、意識的にジャンキーなものを避けて、いろんな栄養を取るようにすることがもちろん大切。とはいえ、意識しすぎちゃうのも違うかな。本来、食べ物は「おいしい」と思っていただくのがいちばん。
からだによいものをとっても、そのすべてを吸収できるかは別もの。そのひとがどんな状態のからだなのかによって、吸収できずに排泄してしまうこともあるんです。

コメント: 松 葉子さん

だから「外食はおいしいものを、楽しいひとたちと楽しく食べる」がわたしの基本。必ずしも自然のものだけをチョイスするわけではなくて、たとえ油を多く取ってしまったとしても、そのとき楽しいと思えれば、そのあと調節すればいいんです。
そのぶん家では発酵食品を取り入れるなど、気をつけるようにしていますよ。醤油麹や塩麹、甘酒、醤油や味噌も手作り。ぬか漬けもいいですね。意外と簡単に作れるのでおすすめです。

コメント: 松 葉子さん

#「いつでも痩せられる」と思っていた…。松さんの、心とからだの変化とは

出典: 編集部撮影

外食と自炊のバランスを取りながら、美と健康をキープしている松さん。「からだにいいものを取り入れたい」と、意識するようになったきっかけって?

もともとは、少し太っても食事を減らせばすぐに痩せる体質。でも息子を妊娠したとき、食べづわりで23kgも太って、産んだあともなかなか痩せなかったんです。いろいろなダイエットを試したけど、からだがボロボロになってしまって…。食に対する正しい知識や、意識がなかったんですよね。運動も嫌いだったので、できればやりたくないと思っていました。

コメント: 松 葉子さん

そこで、心とからだのバランスに目を向けるように。食べないことがダイエットではなく、食べることでダイエットができるんだと学びました。運動も、ただスポーツをするという意味ではなくて、姿勢ひとつ、呼吸ひとつとっても意識して行えば意味のある運動。大事なのはきちんと知った上で、自分がハッピーだと感じる取り入れ方をすることです。

コメント: 松 葉子さん

# ケアアイテムも、“いいものをハッピーに”がマイルール

出典: 編集部撮影

もともとは運動が嫌いだったなんて、驚き。続いて伺ったのは、食事以外の“取り入れ”ルールについて。

人間は、過剰に添加物などを取り入れすぎることで、自分で悪いものを排出する力が弱くなってしまうんですね。たとえばヘアケアでも、添加物の効果で髪がつるつるになっているだけなのに「いいものだ」と思い込んでしまい、それを使い続けることで、頭皮が自分でよくなろうとする力が弱まってしまうと思います。

コメント: 松 葉子さん

シャンプーに求めるのは、シンプルに余分な油や汚れを落とせること。トリートメントは最低限、見た目をきれいに見せられる成分が入っているものがいいと思います。あとは毎日使うものだから、見た目でハッピーになれるものがいい。香りも、ダイレクトに本能に届くものなので、自分が好きな天然の香りにこだわりますね。

コメント: 松 葉子さん

食事も美容も“いいもの”を取り入れることはもちろん、自分がハッピーになれるかどうかが大切みたい。あなたも、そんな取り入れ方を目指してみない?

毎日使うものだから。ヘアケアアイテムも“いいもの”を選びたい

出典: 編集部撮影

「ひとが美しく健康に生きるための研究」を重ね、サプリメントやドリンクなど、美と健康を考え抜いた商品を開発しているスーパーフードラボ。

今回松さんには、新しく登場した『ビオチン+ピーバリア スカルプ シャンプー』『ビオチン+ピーバリア ヘアトリートメント』をお試ししてもらいました。

出典: 編集部撮影

シャンプーとトリートメントには、美容補酵素「ビオチン(*1)」を配合。さらに、選びぬかれた10種のスーパーフード(*2)とサプリメントエッセンスを贅沢に配合し、外的ダメージから髪と地肌を守りながら、頭皮のかゆみやフケをケア。健やかな髪に導く次世代型スカルプシリーズです。シトラス&イランイランの精油で、バスタイムが癒やしの時間に。

洗い上がりはさっぱり感があります。わたしは普段湯シャンをすることが多いけど、それだけだとどうしてもキシキシ感が出てしまうんですよね。これを使うと手触り・クシ通りのいい仕上がりになります。そしてとにかく、香りがすごくいい。それもずーっと残る感じではなく、さり気なく香るのがいいです。ボトルの色も、なかなかない色合いなのに、どこに置いても自然になじむところがすごいと思います。ハッピーに取り入れるためには、香りや色のチョイスはとても大切。買いやすい価格もうれしいですよね。

コメント: 松 葉子さん

あわせて使いたいのが、スーパーフードラボ初のボディケア製品である『ビオチン+エッセンス ボディウォッシュ』

出典: 編集部撮影

コンセプトは「美容液で洗うボディウォッシュ」。石けん100%だから、ふわふわの濃密泡が心地よくからだを包み込み、汚れをやさしく落としながら、肌に必要なうるおいを残します。こちらもスーパーフード成分(*3)を10種類配合するというこだわり。こちらも精油を使った、ライム&ラベンダーの香り。

ボディウォッシュも洗い上がりにさっぱり感があって、いつまでもからだにまとわりつく感じがしないのが、すごくよかった。運動のあとにもぴったりですね。

コメント: 松 葉子さん

いいものをやみくもに取り入れるのも、トレンドや見た目のかわいさだけにとらわれるのも、もう卒業。これからの美と健康のために、毎日使うものから見直してみてはいかが?

*1 保湿成分

*2 スーパーフード:シーベリー(ヒポファエラムノイデス果実エキス)、モリンガ(ワサビノキ種子エキス)、リンゴンベリー(コケモモ果汁)、ビルベリー(ビルベリー葉エキス)、アサイー(アサイヤシ果実エキス)、マキベリー(アリストテリアチレンシス果実エキス)、ザクロ(ザクロ果皮エキス)、アロエ(アロエベラ液汁)、ケルプ(アスコフィルムノドスム/ヒバマタ/ヒジキ/トロロコンブ/レソニアニグレスセンス/ミツイシコンブ/リシリコンブ/ワカメエキス)、ココナッツ(ヤシ油):保湿成分

*3 スーパーフード:マキベリー(アリストテリアチレンシスザクロ果実エキス)、チャ葉(チャ葉エキス)、アサイー(アサイヤシ果実エキス)、海藻(アルゲエキス)、ザクロ(ザクロ果皮エキス)、スピルリナ(スピルリナプラテンシスエキス)、ウコン(ウコン根茎エキス)、アロエベラ(アロエベラ葉エキス)、ココナッツ(ヤシ油)、キノア(キノア種子):保湿成分

Sponsored by 株式会社 スーパーフードラボ

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!