【専門家監修】「髪の毛をギュッ」「背中攻め愛撫」…性感帯・愛感帯ごとに愛撫テクを徹底解説

2019.05.10

お互いの絆を深めるだけでなく、興奮を高めるうえでも不可欠な「愛撫」。ラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さんに、愛撫について話を伺うと、「愛感帯(あいかんたい)」と「性感帯(せいかんたい)」の2つに分けて考えているのだそう。触れられて愛情を感じる部分が「愛感帯」、触れられて性的に興奮する部分を「性感帯」。それぞれ触れかたをマスターすれば、彼の性的な興奮と安心感を両方コントロールできるちゃうって本当? 効果的な愛撫テクニックについてくわしく話をうかがった。

-目次-

ラブライフアドバイザーが、気持ちいい愛撫テクニックをパーツ別で伝授

無意識にしているかも。愛撫にまつわるNG行為とは…

愛があるかを判断できる?愛撫の仕方で分かる男性の本質

彼に任せきりはNG。セックスは積極的かつ協力的に!

まとめ


***

ラブライフアドバイザーが、気持ちいい愛撫テクニックをパーツ別で伝授

# 髪の毛・頭【愛感帯】

「興奮すると毛根も性感帯になりうる」と話すオリビアさん。どういうことか、くわしく話を伺うと…

興奮すると刺激に敏感になり、ゾクゾクしたり、鳥肌が立ちます。言い換えれば、興奮してくると毛根も性感帯になりうるということ。髪の毛をやさしくなでると毛穴のある頭皮にも刺激が伝わります。性的に高まっている状態だと感じかたも普段とは違いますよ。

ただ、髪の毛や頭に触れるのは興奮というよりも安心感を与える意味合いが強いですね。生まれたばかりの赤ちゃんにふれるように、やさしく愛おしそうに撫でてあげてください。彼を甘えん坊にさせられるでしょう。

Mの傾向が強い男性は少しだけギュッと握ったり、軽く引っ張ってみてもOK。ただし薄毛を気にしている彼にはしないほうがベター。これはしょっぴり上級者向けですね。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

# 顔・耳・首筋【愛感帯】

顔、耳、首筋も愛情を表現して安心感を与えたいパーツ。唇や指でそっと触れるのが基本だけど、耳は性器だと思ってちょっぴり刺激的に。

顔へのアプローチはほとんどがキス。変化をつけるなら、目を見つめながらやさしくうぶ毛をなでてあげれば、彼への愛おしさを表現できるでしょう。

耳は形状的に女性器を想像させるパーツ。「自分の大切なパーツは、こうしてほしい」というのを男性の耳を舐めることで表現してみてください。彼へ興奮が伝わり、「彼女へのオーラルセックスもこうしてみようかな」と思わせられます。

首は性感帯として忘れられがちなのですが、これは外せないポイントです。キスの延長だと思って、唇の表面でやさしく触れるのがおすすめ。派手に舐める必要はありません。手で触れるなら髪の毛の延長でやさしくゆっくりと。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

# 乳房・乳首【性感帯】

胸はやっぱり乳首への刺激が一番!? かと思いきや、意外な筋肉について。性的に興奮した状態でそこをマッサージされると、奥から湧き上がってくる快感を楽しめるのだとか。

神経が集中している乳輪の内側は、興奮とともに色が変化する部分。ここはみなさまご存知だとは思いますが、胸の中で見落としがちな性感帯は大胸筋。前戯のなかで彼の大胸筋にゆっくりと指を沈めるように触れてみてください。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

# 男性器【性感帯】

男性器の愛撫はサオ部分に刺激を与えるだけではもったいない! 上下運動のみでざっくり触るのをやめて、尿道、亀頭、カリ首、裏筋、本体、睾丸、会陰(えいん)、肛門表面という8つのパーツに分けてそれぞれに合ったアプローチを。

ひとによって感じかたやお好みのパーツは様々なので、「ここはどうかな?」と実験のような感覚でいろいろな触れかたを試します。サオ部分はスクリュータッチを取り入れてみたり、亀頭部分は触れるか触れないかくらいのタッチで撫でてみたり。

ちなみに彼の快感を深める触りかたは、睾丸、本体、裏筋、カリ首、亀頭というように少しずつ先端に向かうもの。先端(亀頭)が最も敏感なので、ここへ近づくほど性的な刺激も高まります。変化をつけるなら会陰を刺激しながら本体を刺激してみてください。忘れがちなパーツなので、丁寧に触ってあげるとほかの女性と差をつけられます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

# 骨まわり【番外編】

乳首や性器は性感帯の代表格。首筋や耳もなんとなく触れたくなる場所。それ以外に注目したいパーツは骨と背面なのだとか。誰も触ってこなかった彼の、意外な性感帯・愛感帯をさがしてみない?

鎖骨や背骨といった骨の上は敏感です。特に仙骨や尾てい骨は性器に近いので触れない手はありません。また、膝の裏やくるぶしといった、ほかのひとが触れない部分も実は感じやすいところ。

また、愛撫する時は体の表に集中しがちですが背面・下半身もぜひ。首の裏側や背中から攻めたり、足首あたりから少しずつ性器に近づいたりすると新鮮なのではないでしょうか。ジワジワと男性器に近づいて性的興奮を高めてみてください。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

無意識にしているかも。愛撫にまつわるNG行為とは…

彼に何をしていいやら、と戸惑う女性は多いもの。安易に男性器に手を伸ばして刺激を加えるのはやめたほうがベター。なぜなら男性から女性への愛撫がおろそかになってしまう原因になりかねない!

NGなのは【男性器一点集中型】。男性が「ココしか感じない」「つまりは挿入すれば気持ちいい」と思い込む原因となり、彼女への愛撫の省略へとつながる恐れも。「こんなところも気持ちいいよ」「実はここも性感帯だよ」と彼に教えてあげられるのがベスト。彼も好奇心が湧いてきて「彼女にこうしてみよう」と意欲的になるはず。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

快感の度合いを高めるには“焦らし”も有効なテクニック。性器に触れずにどれだけ気持ち良くなれるかをゲーム感覚で楽しんでみて。

焦らすことで快感の度合いが深くなり、反対に焦らさないことで快感の度合いが低くなることも忘れてはなりません。愛撫の省略はムード作りにも欠けますし、「手抜きの前戯で挿入して早々と終了。そしてマンネリ化」にも陥りやすくなります。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

愛があるかを判断できる?愛撫の仕方で分かる男性の本質

「愛撫がおろそかだったり短かったりすると私に気がない?」と判断を早めるのはやめておいたほうがいいのだとか。

好きな気持ちがあってもセックステクニックが未熟な場合もあります。愛撫が適当だからといって、目の前の女性に気がないとは限りません。反対を言えば思いやりがあって丁寧でも目の前の女性のことが好きだとも限らないので、愛撫の仕方や時間で男性の気持ちについて判断するのはやめておきましょう。

とはいえ、愛撫中の男性を見ると、そのひとの観察力、コミュニケーション能力、女性への気づかいができるかできないかが見えてきます。女性の反応を見て「くすぐったかった?」と聞いてくれるひとは観察力が高いですし、コミュニケーションを積極的に取るひとなのではないでしょうか。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

愛撫やセックスが独りよがりな男性も少なくないのが現状。そんな彼を変える方法はあるの?

元カノに褒められたり、元カノが喜んだ(フリをした)テクニックを繰り返している男性が多いので、自分にそれが当てはまらなければやめさせるべき。「私はこうしてほしいな・こっちのほうが好きだな」と誘導をしてみてください。態度や言葉でさりげなく。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

彼に任せきりはNG。セックスは積極的かつ協力的に!

OliviAさんのレッスンにやってくる生徒さん。「レッスンをしていると「このテクニックを知りたかった!」「前の旦那のときにこれをしていればセックスレスにならなかったかも」というひとが後を絶たないのだとか。

愛撫やセックスを男性にまかせきりだと、男性の経験やテクニックの範疇に収まってしまうんです。テクニシャンになる必要はありませんが、女性も基本的な技術を押さえておけば、お互いが気持ち良くなれる方法やパーツを知ることができますよ。

恥ずかしいかもしれませんが、イク瞬間に彼の目を見つめてみてください。セックス中でしか見られない顔を見せられるのは、信頼関係が築かれていて、お互いにちゃんと向き合っている証拠かなと思います。気持ちいいかどうか顔や目を見ればなんとなくわかるものですし。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviAさん

まとめ

・触られて愛情を感じる「愛感帯」と、触れられて性的に興奮する「性感帯」のそれぞれを、さまざまな触りかたで気持ちいい方法を探ると◎。
・セックスや愛撫は、相手や自分を観察しコミュニケーションを取りながら行うことでよくなっていくもの。
・彼に任せきりにしないように。女性も、積極的かつ協力的に行うべき。

「探究心をもって楽しめるひとが、本当に気持ちいいセックスや愛撫へと辿り着けるのです」とOliviAさん。彼としっかり向き合いながら、いろいろなことを試してみては。

取材協力:ラブライフアドバイザーOliviA

text : Yoshiko

Recommend