骨盤矯正ストレッチで「痩せやすい体質」へ。NG姿勢や、寝る前1分の簡単エクサも動画で解説

2019.05.23

特に太ってないのに、ジーンズがきつくなった…それは骨盤の歪みが原因かも。痩せやすい体質に変わると話題話題の「骨盤矯正」をセルフでできる方法を「整体KAWASHIMA」代表の人気整体師・川島悠希さんが教えてくれた。

自宅で椅子やタオルを使っておこなう超簡単1分ストレッチや、ベッドで寝ながらでもできるズボラさんに持ってこいの簡単エクササイズまで4つご紹介。

-目次-

整体師が教える、骨盤が歪む原因

骨盤の歪みをそのままにしておくと…

「痩せやすい体質」も夢じゃない。骨盤矯正がもたらしてくれるカラダの変化とは

自宅でできる簡単・骨盤矯正。「股関節伸ばしストレッチ」

猫背・肩こりも解消。「全身のびのびストレッチ」

生理痛・PMSなど女性のお悩みも改善。「おしり歩きエクササイズ」

まっすぐきれいな美脚にも。寝ながら足をパカパカするだけ!ズボラエクサ

寝る姿勢を変えるだけ。NGな姿勢もチェック

まとめ

***

整体師が教える、骨盤が歪む原因

生活習慣の蓄積によって骨盤の位置が左右または前後に傾いてしまうことや、ねじれてしまうことが原因。骨盤がずれた位置を身体が覚えてそのまま筋肉がかたまってしまうそう。

骨盤が歪む原因は「足を組む習慣」「横向きで寝る習慣」の2つがほとんどです。
足を組んで左右差が起きた状態の位置を骨盤が覚えてしまい、まわりの筋肉も固まってしまいます。横向きで寝る姿勢でも足の左右差が生まれることが多く、このどちらかの習慣によって歪むことが多いでしょう

コメント: 川島悠希さん

骨盤の歪みをそのままにしておくと…

骨盤の歪みをそのままにしておくと、骨盤内の血管が圧迫されて血行不良が起こりやすくなるのだそう。血行不良は冷えにもつながるし、骨盤の位置がずれることに伴って腰痛や肩こり、さらに猫背も起こる場合も。たかが骨盤のずれと軽く考えない方が良いみたい。

骨盤が前方にずれている場合(骨盤前傾)

腰痛や肩こり、頭痛、冷えやむくみといった健康を害する症状だけでなく、下っ腹が出たり、垂れたお尻やX脚になるなどシルエットにも変化がでやすくなります

コメント: 川島悠希さん

②骨盤が後方にずれている場合(骨盤後傾の特徴)

猫背や腰痛、肩こりのほかヘルニアや脊柱管狭窄症、しびれが現れやすくなります。そのほかにも、目の疲れ、頭痛、自律神経の乱れやイライラまで起こる可能性があります。

骨盤が後ろにずれていると、体幹をしっかり使えないのでダイエットをしても痩せにくかったり、代謝が落ちて太りやすくなることもあります。さらにO脚やガニ股にもなりやすいです

コメント: 川島悠希さん

「痩せやすい体質」も夢じゃない。骨盤矯正がもたらしてくれるカラダの変化とは

骨盤が正しい位置にもどることで、痩せすい体質へ。なにをしても痩せない、すぐリバウンドしてしまうダイエット難民はベースとなる骨から見直しを。

骨盤を矯正すると直結する腰痛や肩こり、頭痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、痺れの解消・予防はもちろんのこと、代謝が上がるので痩せやすい体になります。

とくに下半身太りのひとやダイエットが成功しないひとの多くは、骨盤の歪みがあるために筋肉がしっかりと使えていません。そのため代謝も落ちて体重が減らない。太ももがしっかり使えない為に無駄に脂肪がついたり、筋肉が脂肪に変わって下半身が太くなることがあります

骨盤矯正をすると体幹をしっかりと使えるようになるので、今まであった贅肉が筋肉に変わり引き締まった体になっていきます

コメント: 川島悠希さん

また便秘などの内臓不調、足先の冷えも改善されるのだそう。

骨盤の歪みによって内臓の位置が正常な位置からずれたり、本来しっかりかかるはずの腹圧がかからなくなり、内臓が正しく機能を果たせず便秘になるということがあります

コメント: 川島悠希さん

冷えは骨盤が歪みによりお尻の筋肉がしっかり使われず代謝が落ちたり、足をしっかり動かせなくなり、ふくらはぎの筋力低下につながって足先の冷えにもつながります

コメント: 川島悠希さん

内臓の働きや筋力にも影響してしまう、骨盤の歪み。てこいれすべき根幹と言えそう。

自宅でできる簡単・骨盤矯正。「股関節伸ばしストレッチ」

ここから、川島さんに聞いたセルフでできる骨盤矯正をご紹介。

出典: 撮影:江波戸恵美

後ろ足を椅子にのせ、前に出した足は太ももが伸びるよう意識しながら股関節をのばす。ポイントは上半身がまっすぐの状態であること。前のめりの姿勢になってはNG。

30秒間を3セット。体があたたまっているお風呂上がりにするのが理想的です

コメント: 川島悠希さん

出典: ライター撮影

猫背も解消。「全身のびのびストレッチ」

出典: 撮影:江波戸恵美

丸めたバスタオルを股関節の下に置いて5分寝るだけ。骨盤が開くと肩が自然に開くので猫背解消や肩こりにもつながる。下半身の筋肉も伸び、足のむくみ・冷え改善にもつながる、いわば万能ストレッチ!

①丸めたバスタオルは股関節の高さに置いて仰向けに寝る

出典: 撮影:江波戸恵美

②両手はバンザイをして薬指を重ねた状態

出典: 撮影:江波戸恵美

③両足の親指も重ねる。3分キープ

出典: 撮影:江波戸恵美

生理痛・PMSなど女性のお悩みも改善。おしり歩きエクササイズ

出典 YouTube

体育座りをして、坐骨を意識しながらお尻で歩く。1分3セット。

お尻のシェイプアップ、下っ腹を引っ込める効果も。

また子宮位置も正しく戻してくれるので生理痛・PMSなど女性特有のお悩みも改善してくれるそう。ちなみに「生理前になると骨盤が緩む」と言われているけれど、川島さんいわく科学的根拠はないそう。ただ産後の骨盤矯正については、産後2ヶ月~6ヶ月までが良いタイミングだそうなので、その期間を過ぎないように覚えておきたい。

まっすぐきれいな美脚にも。寝ながら足をパカパカするだけ!ズボラエクサ

出典 YouTube

①横向きに寝たら両足首を付けて両膝を90度の角度で重ねる
②両足首を固定しながら、膝を上下に上げたり戻したりを繰り返す
③毎日50回行うのが理想

このストレッチはお尻の筋肉が鍛えられ股関節が柔らかくなるので、X脚やO脚のひとにもおすすめです

コメント: 川島悠希さん

寝る姿勢を変えるだけ。NGな姿勢もチェック

出典: 撮影:江波戸恵美

寝る時の姿勢も骨盤には重要。骨盤を整える寝方は、真上をしっかりむいて寝るのがおすすめ。NGな寝方は横向きに寝ると、骨盤がゆがみやすいです

コメント: 川島悠希さん

出典: ライター撮影

ぐっすり眠っているときの姿勢は正直、無意識。せめて「寝入るときは仰向け」と覚えておきたい。

夏本番に向けて納得のいくボディに仕上げたいなら、コツコツ根幹からメンテナンスを!

川島さん直伝・美シルエットに整えてくれるボディメンテナンス記事はこちらも合わせてチェック。

取材協力/整体KAWASHIMA代表 川島悠希

supervised by

整体KAWASHIMA代表 美容整体師
川島悠希

「整体KAWASHIMA」代表。技術力の高さに顧客が絶えず、予約の取れない整体師と話題に。女性誌・TV出演、セミナー登壇他、多方面で活躍中の美容整体師。
by.Sチャンネル「あとは小顔になるだけ。セルフかお整体」で日曜日(不定期)配信中!

Recommend