• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

今年の派手色には…まっ黒じゃなくて「スミクロ合わせ」が正解。おしゃれなひとのコーデの法則

2019.05.15

今年の春夏はより一層「派手色」を取り入れたい! おしゃれに色映えするコーディネートの配色には正解があるみたい。Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが教える、派手色をおしゃれに落とし込む法則。

ピンクに、赤に。今年着たい「派手色」と相性抜群な色って?

# ピンク

黒石さんの今季イチオシ色は、落ち着いたトーンのダスティなピンク。全身ピンクだなんて難易度が高そう…と思うけれど。

インナーのカラーセレクトさえ間違えなければ、難しいことはありません。わたしは、チャコールグレーがおすすめ。夏に真っ黒は重たいし、チャコールグレーなら抜け感も作れ、おしゃれに映えます。

コメント: 黒石奈央子さん

そのほかにも、スモーキーなモカも相性抜群なんだとか。とにかくポイントは、“スモーキー”って、覚えておきたい。

# 赤

差し色としてもベースとしても、どんなシーンでも登場回数が多くなりがちな赤には、無難カラー代表・黒を合わせたいところだけど、一歩間違えると…強めな「rock 'n' roll」な雰囲気に。

どうすれば、「rock 'n' roll!」にならずに済むのか。その解決方法を、黒石さんは知っている。

“スミクロ”、つまり、ダスティーな黒がおすすめ。実は黒って、無難なようで、自己主張の強い色。だから、原色との掛け合わせが難しいんです。初心者さんには、より合わせやすいグレーもおすすめです。

コメント: 黒石奈央子さん

自己主張の強い黒を、ダスティトーンにするだけで、とにかく使えるアイテムになるなんて。“スミクロ”、今夏のヘビロテカラーになりそう。

着まわし力抜群&こなれ見え。プロいちおしトップスの条件

今夏、派手色を支える強い味方になりそうなトップスがある。そんなトップスを黒石さんは、“神Tシャツ”と呼ぶけれど、その条件とは?

Tシャツって、シンプルだからこそ、もっとも大切なのはシルエット。とろみすぎないとろみ感や素材の起毛具合や肉感、そして、いかに肌に馴染む落ち感があるのかが、重要です。

コメント: 黒石奈央子さん

そんな“3感”を満たすTシャツは、ジャケットとも相性がいいし、

レディなスカートにもしっくりくる。

大人女性のさまざまな悩みを簡単に解決する、キーワードは、“スミクロ”。これから買うなら、黒じゃなくて、“スミクロ”って覚えておこうっと。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend