• 運命を変える眉メイクlesson

パウダーだけで眉を描く時代から進化!リキッドを使った「ナチュラル増毛」で旬顔シフト

2019.05.20

ここ数年の眉メイクのトレンドは「ナチュラル」。
いま、まるで自眉のような毛並みと立体感を演出できる、ナチュラルな3D眉が人気を集めているみたい。

そんなリアルなナチュ眉を目指すなら、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんも愛用しているというリキッドアイブロウの使用を!
パウダーで眉メイクするよりも簡単で、よりリアルな眉に見せることができるリキッドアイブロウを使用した「ナチュ眉」の作りかたを玉村さんに詳しく解説していただいた。

使用するのは、シアーなリキッドアイブロウたち

今回使用するのはこの3つ。

◇リキッドアイブロウ/
ファシオ「パーフェクト アイブロウ N BR300」

◇アイブロウペンシル
KATE「アイブロウペンシルA BR-3」

◇アイブロウジェル
KATE「ジェルアイブロウコート EX-1」

リキッドアイブロウにはしっかり色づくタイプと、シアーな薄づきタイプとがある。今回使用するのはシアーな薄づきタイプ。手の甲に描いてみてほんのり色づく程度のものが理想。

このリキッド選びが今回とても大切になります。今回私はファシオのものを使用しましたが、よりナチュラルに仕上げたい場合はより薄づきのものを選ぶとよいです。プチプラコスメではへビーローテーション「ティントリキッドアイブロウ」がかなり薄づきで使いやすいです。

コメント: 玉村麻衣子さん

ペンシルは先が細く丸いものが理想。仕上げに透明のアイブロウジェルを使用、または、眉色を緩和させたいひとは眉マスカラを使って。

リキッドで自眉に近い「ナチュ眉」を作る3ステップ

工程は3ステップ。リキッド、ペンシル、アイブロウジェルを使って自眉のようなナチュ眉を手に入れて。

①リキッドで眉の下地を作る

"仕上げたい眉の形"をイメージし、その形を描くように眉全体に色をのせていく。これで眉全体に色がのり、地肌部分に影ができる。

描くときはサッサッと軽いタッチで、眉の毛並みに沿って描いていって。

描きたい場所と違う部分に描いてしまったときは、乾く前に綿棒でサッとふき取ればOK。また、乾く前にスクリューブラシで眉全体を軽くぼかすとより自然に仕上がるのだそう。

②足りない部分をペンシルで描き足し

次に毛が生えていない部分や生え方にムラがある部分、もうすこし毛が欲しい部分は、ペンシルで毛を描き足す。

私の場合、眉山下の部分や眉上頭にもう少し毛が欲しいので、その部分を中心に描き足しました。

コメント: 玉村麻衣子さん

このときもリキッド同様、毛並みに沿って描き足していって。

軽いタッチで一本一本サッサッと描くのがおすすめ。あくまで「足りない部分のみ毛を描き足す」のがポイント。

また、仕上げに黒目の真上部分を描き足してあげると眉に立体感が出る。この工程が意外と大事なのだそう。

眉頭を描き足した場合は、スクリューブラシで鼻側に数回ぼかすと自然な仕上がりになる。

③ジェルで毛並みを整える

仕上げに透明のアイブロウジェルで毛並みを整えたら完成。眉色を緩和させたいひとは
眉マスカラを使用してみて。

アイブロウジェルや眉マスカラを使用すると眉毛の毛並みが整うだけでなく、眉毛一本一本の存在感が高まり、眉をより立体的に見せることができます。

コメント: 玉村麻衣子さん

リキッド+ペンシルちょい足しで作る眉は、眉毛と眉毛の間に空気を感じることができ、パウダーで描いたときよりもより自眉に近い自然な仕上がりに。

また、リキッドは落ちにくいため、描いた眉を1日中キープするのに◎。

パウダーで仕上げるよりも自然で軽い仕上がりになるので、私も最近予定のない休日はもっぱらこの眉メイクです。

コメント: 玉村麻衣子さん

描いた感のないナチュ眉テクで、まるで「元から美しい眉の女性」をめざしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend