「いつの日か♡」の理想ヘア、もうこダサいかも。ヘアメイクに聞いた“大人ウエディング”最新事情

2019.05.26

いつの日かわたしも♡ とこっそり夢に見ているウエディング。ドレスやBGM、会場演出…妄想して自分用にメモ。ヘアスタイルはどんな理想を描いてる?

女性の晴れ舞台を彩るウエディングヘアメイクの小林理保さんに聞いた、リアルなオーダー人気、ヘアアクセなど最新トレンド事情をご紹介。

大人には“低め位置”が人気。王道人気の花嫁ヘアスタイル

まず知りたいのは王道の人気から。王道ならば、何十年後に写真で振り返ってみても色褪せないもの。大人の女性たちに不動の人気を誇る、花嫁ヘアスタイルは?

王道人気は「低めアップ」

出典: 小林理保さん提供

花嫁といったらやっぱりこのスタイル。低めのアップが王道で人気みたい。カール感を出したり、お団子を大きめにしたり、編み込みを組み合わせたり…。アレンジ次第で印象も大きく変わるから、自分に合った低めアップを見つけてみて。

「ローポニー」も大人の指名率高し

出典: 小林理保さん提供

ポニーテールも不動の人気。特にアラサー女性は「低めの位置」を選ぶひとが多いのだそう。ゴールデンポイントより下に毛束を作って、落ち着いた印象にみせてあげて。

「ひととかぶらない系」が人気。トレンドの花嫁ヘアは?

最近はちょっとずつ変化球スタイルをオーダーするひとが増えてきたのだそう。ソースはInstagram。「ひとよりちょっとおしゃれ」「ひととかぶらない系」を求める花嫁に人気なヘアスタイルをチェック。

海外Insta発?「紐を使ったアレンジ」

出典: 小林理保さん提供

海外のInstagramにありそうな革紐を使ったアレンジ。結び目や巻き方次第で雰囲気を変えることができるので、オリジナリティを出しやすそう。使う紐にもこだわってみて。

ファッショニスタの「ぽこぽこヘア」を特別な日用にアレンジ

出典: 小林理保さん提供

最近ファッショニスタのInstagramでよく見る、ポニーテールの毛束に、間をあけて結び目をつけた「ぽこぽこヘア」がウエディング仕様に。結び目ごとにヘアアクセサリーを付けられるから華やかに仕上がる。髪が多いひとや、スーパーロングのひとにもおすすめ。

ショート・ボブは「質感」と「アクセ」で勝負

ショートやボブだと、式に向けて髪を伸ばす女性も多い。だけど最近では、伸ばさずに自分らしいスタイルで式に挑む女性たちも増えてきているみたい。短めヘアでもドレスに合う、花嫁ヘアのポイントは?

出典: 小林理保さん提供

最近普段のファッションでも流行しているような、ウェットでツヤのある質感で、外ハネやオールバックにするのも手なのだとか。

ショートのひとは前髪を斜めにピタッとさせて、オレンジのリップをつけて、モードな感じに仕上げるのもかわいいですよね

コメント: 小林理保さん

出典: 小林理保さん提供

また、大きめのヘアアクセサリーをつけるのもおすすめ。ドレスに合うインパクトがあるアクセサリーをサイドにつければ、短めヘアでもたちまち華やかな印象に。

ヘアメイクさんいわく「最近はあまりオーダーされなくなった」“下火”トレンドとは

最近ティアラを使うひとは、割と少ないですね。花冠を選ぶひともあまりいなくなりました

コメント: 小林理保さん

プリンセスのようなティアラは、大人の女性たちには好まれない様子。またお花の場合、お色直しでつけるひとはいるけれど、ホテルやウェディング会場での挙式の場合は、あまり選ばれないのだとか。

出典: 小林理保さん

そんなティアラの代わりに人気を集めているのが、シンプルなデザインのカチューシャ。あまりキラキラし過ぎていないカチューシャティアラのようなものが、定番になりつつあるみたい。

ゲストで参列した結婚式や、雑誌やテレビで見て憧れて「いつかわたしも♡」としたためてきた自分用メモを見返してみて。結婚式は最大の“自己満イベント”だけれど、おしゃれな大人たるもの、トレンド変化を柔軟にキャッチして、上手に自分らしく取り入れるべし。

取材協力/ROI Wedding 小林理保

ROI Wedding 公式サイト
ROI Wedding Instagram

text : by.S編集部

supervised by

ヘアメイクアップアーティスト
小林 理保

フリーのヘアメイクアーティストとして活躍後、ブライダルアシスタントとして1年半、森ユキオ氏に師事。2015年より、ROI WEDDINGチームに所属。

Recommend