• 運命を変える眉メイクlesson

黄金比の"美人顔"から遠ざかる…残念な眉代表「左右非対称」を救う、プロの秘訣3つ

2019.06.03

眉メイクのお悩みで最も多いのが、左右対称に描けないという悩み。いくら自然に描くテクニックを習得しても、眉がちぐはぐ非対称なだけで顔全体のバランスが悪く見えてしまう可能性も…。

そこで、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに左右対称に眉を描く秘訣をくわしく教えてもらった。意識するだけで左右対称眉に近づく、3つのポイントって?

STEP1:まずは「鏡」と「場所」のチェックから

左右バランスよく仕上げるには、メイクする環境が大切。まずは鏡。常に左右の眉が確認できるよう、顔全体が映る大きめの鏡を使用することがポイント。

次にメイクする場所。光の当たり方が左右異なると骨格や眉色が左右異なって見えるためNG。左右の顔に同じように光が当たる、明るい場所がおすすめ。

STEP2:「眉頭」の高さ、距離、角度をチェック

眉を描く際にまずチェックしたいのが、眉頭。左右の眉頭が揃っているとそれだけで左右のバランスが良く見える。

逆に左右の眉頭の高さや形がチグハグだと、他の部分がどれだけ合っていてもバランスが悪く見えてしまう。

眉頭のチェックポイントは以下3つ。

・左右の眉頭の高さが合っているか
・中心からの距離が同じか
・左右の眉頭の角度が同じか

上記3つを確認し、異なっている場合は不要な部分を眉はさみでカットしたり、逆に足りない部分はアイブロウパウダーですこしずつ描き足して調整すると◎。

STEP3:「眉山」には目印をつけてOK

次にチェックすべきは眉山の位置。眉山の位置がズレていると、左右の眉の長さが変わってしまう。

眉山は「なんとなく」ではなく、より具体的に位置を決めてください。

コメント: 玉村麻衣子さん

例えば先に描いたほうの眉山を見て、「黒目と目尻の間」「目尻の真上」など、具体的な位置を把握し、もう片方も眉山を同じ位置に持っていくなど、左右が対称になるよう慎重に描いていって。

慣れるまではペンシルで目安の位置に印をつけておくと分かりやすいです。

コメント: 玉村麻衣子さん

「眉全部を左右対称に…」と考えると難しそうに思えるけれど、眉頭・眉山の位置を合わせるだけで十分左右の眉をバランスよく見せることができる。

また、描き進める際に「右の眉山~眉尻を描いたら、左も同じところまで描く…」など左右同時進行に描き進めるのもおすすめなのだそう。

眉を描く際使う鏡や場所、そして「眉頭」と「眉山」の位置に気を付けて左右対称の美眉をめざしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend