• もも姐のトレンド判定

手持ちシャツ、今年も着るなら。プロが「止まっている女」に告ぐ“やめとけ”な特徴

2019.06.10

クローゼットに待機する、昨シーズン以前のシャツたち。今年も着られるだろうと思っているあなたに告ぐ、「それ、止まってませんか?」。スタイリストのもも姐こと川村桃子さんが、いま買うべきトレンドシャツを教える。

こんなシャツ、クローゼットにいませんか?

大人女性ならピンとくるはず。かつて大流行したこんなシャツ。当時はおしゃれにきまっていたのに、いま着ると“ザ・コンサバ!”になってしまい、まったくしっくりこない…。なぜ?

それは、コンサバになってしまうシャツの特徴を網羅しているからですね。
・ウエストがシェイプされている
・丈が短い
・ダーツが入っている
・生地がカッチリしたコットン
これが、“止まってる”シャツの特徴です

コメント: 川村桃子さん

流行ったのは今や昔。もも姐も「完全にお別れした」と言うし、クローゼットに待機させても、出番は永遠に、来ないかも。

更新するなら、こんなシャツで

今季のトレンドシャツとして外せないのは、開襟シャツ

今年着るなら、だんぜん開襟シャツがおすすめです。特徴は、
・メンズライクな太めの身ごろ
・インも羽織りもちょうどよくできる、短めな丈感
・ボタンは少なく、3〜4つほど
・麻を思わせる、軽く風になびく素材感
この条件が揃っているシャツは、買いですね。

コメント: 川村桃子さん

なかでももも姐が推すのは、MANGOの開襟シャツ

出典: LOCONDO提供

ああかわいい。理想的な開襟シャツMANGOはほかにもトレンドシャツが豊富なので、要チェックです。

コメント: 川村桃子さん

さて、開襟シャツのコーデはどうしよう

わたしなら、チノ素材のショートパンツに、ぺたんこミュールを履きますね。ワイドパンツやリネンのタイトスカートでもいいかも。シャツのシルエットを生かして、インせずにストンと落として着るのもかわいいですよ。

コメント: 川村桃子さん

さらに、立ち襟のスタンドカラー(マオカラー)シャツも、今年持っていたら心強いアイテム

コンサバなぴたぴたシャツから、ゆるりとリラクシーなシャツへ。「今年は、武装して最前線にいる必要はなし。平和条約を結びましょ」というもも姐の言葉を胸に、スタメンシャツを更新しましょ。

取材協力 スタイリスト/川村桃子

Channelバックナンバー

もも姐のトレンド判定

配信日:月曜日(隔週)

大人流・トレンドの嗜み方、垢抜けテクをスタイリストが指南。

text : 有山千春

supervised by

スタイリスト
川村 桃子

2005年に独立後、『CanCam』を中心に「えびちゃんOL」「優OL」などメイン企画を担当の人気スタイリスト。現在も人気ファッション誌を中心に活動。
by.Sチャンネル「もも姐のトレンド判定」で月曜日(隔週)配信中!

Recommend